おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

せつなくてせつなくて

ビビンチョ祭り開催中ではありますが、閑話休題。

f0131535_2330339.jpg雪深い十日町にお住まいのジローさん
ブログで知った柏崎の
『cafe gallery tanne』に行って来た。

お店の名前は「タンネ」
谷根と書いてタンネと読む、お店所在地の
地名でもあるけど、他にも素敵な意味があって
もっと知りたい方はこちらのBlogをどぞ♪

昨年の11月こっそりとOPENされたらしい。
柏崎に向かう8号線を右に折れ、
何もないエゴエゴ道を延々走ります。
あまりにも何もないのでみんな急に不安になり
引き返そうとする辺りにあると聞いていたが
正にその通り!信じて進め!
f0131535_2313341.jpg





この看板が目印。
右折して駐車場に入ります。
f0131535_23191334.jpg建物はいたって普通の古い民家。
ここでもきっと不安になる人が
いるに違いない。
「お店どこ?!」

そんな心を見透かしたように
こんな看板がございました^^
現在地と入口を示した
どシンプルな地図^^

f0131535_23504728.jpgf0131535_23511862.jpgf0131535_23513937.jpg
f0131535_23542881.jpgf0131535_23545072.jpgf0131535_23551888.jpg

f0131535_2357839.jpgf0131535_2357524.jpg
入口を入ってすぐがギャラリースペースで、奥が喫茶スペース。
もう誰も住んでいなかった土間のある古い家を
コツコツとご自分たちで治していったそうです。
昨年の夏の記憶はホームセンター通いのみだとか。

周辺は昔からの集落なので
遠くからのお客様が多いのかと思ったら
近所のおばあちゃん三人組とかがコーヒー飲みに来たりするんだって。
ちょっとイイよね、そんな光景。
f0131535_022483.jpg古い建具やガラスは昔のまんまで
ちょっとゆがんで見える景色が
なんとなく懐かしい。
喫茶スペースでノンビリしてるとね。
根が生えるよ、ホントに。
まるで居心地のいい
お友達の家のリビングみたいだから。
古い日本家屋に
ちょい北欧テイストがなかなか素敵です。

ギャラリースペースには
田谷直子さんの陶器や、
辻和美さんのガラスの器など。
辻さんのガラスのランプシェードに
しばしコーフン!
白い書棚の中の本は
うちの書棚と内容が激しくリンクしています。
どうりで好きな雰囲気なわけだ。

「ワタシのすき、が好きだと感じた人に来てほしい」
(オーナーさんのブログより)

それってきっと私のことですね^^;)
オーナーさんは想像していたよりもずっと素敵で
(なんだか素朴な感じの方をイメージしていたので)
優しげで知的な雰囲気の女性です。
夫婦揃っておしゃべりな私たちに、たくさんおつきあいさせてしまいました。

このお店近所にあったら大変よ、きっと毎日通う!
でもちょっとした近場の小トリップ気分が味わえるからOK。
こりゃ近々また行ってしまいそうです。

タイトルの『せつなくて せつなくて』
こんなズバリストライクなお店を見つけると、ちょっとせつなくなる私。
ない?突然運命の人に出逢ってしまって
その人のことが知りたくて、声が聞きたくて。。。。って感じ。

嗚呼、あたしってばおとめ(。-_-。)ポッ・・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-01-10 23:55 | shop