おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

うなぎの国とお米の国 [風景編]

f0131535_13314673.jpg
帰りの道中、朝霧高原付近の富士山。
富士川SAでは雲に覆われていたのがグルっと横に廻り込んでいくと
見事に姿を現してくれました^^
2年前の2月、
まっ正面からこの巨大な富士山を見た新潟県民の夫は相当興奮していたけれど
元静岡県民も、久しぶりの近くで見る雄大な富士山はやっぱりワクワク興奮するのだ。
f0131535_13483911.jpgf0131535_13464329.jpg
この時期の上越と浜松、気温的にもそれほど差はないから変わらないと思っていたけれど
やっぱり太平洋側は日差しが強かった。
空もくっきり青くて湿気が少ないしね。
なんてったって今の時期の浜松市民の「半袖率」圧倒的に高いですもの、驚きよ!
今回は寒くなると見込んで冬支度で挑んだ奥様、脱いだり着たり大変でしたの。

右は夫が浜松に来て一番驚いた一面の茶畑風景。
そりゃ上越にはない風景ですからね。
富士山周りで帰ってくると山の斜面は見事な茶畑風景が続きます。

今回、行きは新潟→長野→愛知→静岡ルート
帰りは東へ上り、静岡→山梨→長野→新潟ルート

天気にも恵まれ、おまけに紅葉シーズン。
富士ICで東名を降り、中央自動車道の甲府南ICまでの間は
朝霧高原や本栖湖・精進湖といった緑が目にも鮮やかなドライブコース。
静岡県民にはおなじみの「まかいの牧場」や
「朝霧高原グリンパーク」とか、魅惑の乳製品の誘惑が続くのよ。
美味しい物の宝庫「朝霧高原 道の駅」に寄らなかった(夫が寄ってくれなかった)
ことだけが悔やまれる・・・。

山梨から長野では、標高の高い辺りは赤や黄色の木々が本当に美しく色づいていて
「あっ、あそこスゴイ赤!あっ、すごいイチョウ!イチョウ!イチョウ!」と
運転手に口で説明する表現力がとぼしい私。アー忙しかった。

ところが、黒姫のあたりに差し掛かったころ・・・・・・









f0131535_13363773.jpg雪積もってるよ
おいっ!

(・ω・ノ)ノ!!
車内大パニック!(私ひとり)
妙高あたりまで真白!さすがに上越の平地は雪こそ降っていなかったけれど、出かけたときとは大違いの寒さでしたわよ。平地でも朝のうちあられが降ったとか・・・・

上越市民となり早2年と9ケ月。
3回目の冬を迎えようとしている、雪のない「うなぎの国」生まれのアタクシ。
両方の楽しさや美味しさ、両方の友人たちの面白さを実感している今日この頃である。


うなぎの国とお米の国 [美味しい物編]へつづく・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-04 13:57 | 旅行