おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

はじめてのお使い@十日町

いえ、別にホントにお使いに行ったわけじゃないですけどね、
今まで何度か訪れている十日町。
いつも人の運転や、途中から十日町在住ジロー氏に迎えに来てもらうパターンなので
先日、初めてひとりで行ってみた。
家からジャスト1時間、意外に近いね!
でもひたすら山越え&トンネル、雪のシーズンは絶対行かないよ♪

f0131535_12565713.jpg
ちょうど紅葉も見頃。

「◎月◎日クマ目撃情報」とか言う看板を見つけ、クマちゃんいつ出てきてもOKよ!と、カメラを手元に用意した^^

無事到着し、ジロー氏@女子と合流。f0131535_12572197.jpg

まずは、ずっと行きたかったタナカクマキチ。
cafeである^^

「タナカクマキチ。」ってネーミングにはユニークな由来があるらしいのですが、詳しくないので割愛^^;)でもこのクマキチCafé以外にも同じ建物内に入っている何軒かのお店のオーナー達が「とおかまちてづくり市」や雪まつりの時の豪雪ジャムを企画・主宰している一味らしい。
f0131535_12574342.jpg昔は旅館だったという建物の外観。
この中にCaféや洋服屋さんがあるとはとーてー思えん^^;)でも中に入ると木の階段や手すりとか、妙に味があるのだ。

f0131535_1258231.jpg


階段上がったインフォメーションコーナー。元乳母車?
f0131535_12585520.jpg店内は高低差があったり、子供のお遊びコーナー、窓際のまったりスペースとか色々でゴチャッと感が逆に落ち着く。外から見るよりも意外に広い。メニューも豊富で迷いに迷って、せっかくだから津南ポークと舞茸のどんぶり。
f0131535_12591215.jpg
ジロー氏のiPad、カッチョエー!仕事関連のご相談とか。でも脱線ばっかり。ジロー氏と会ったらこのネタ話すぞ!と言うことが多くてさ。時間が足らん^^;)

1階にOMAKEという変わったネーミングの洋服屋さんが入ってる。
ご夫婦でやっていて長岡にもお店がある。
そしてナント、美人の奥様は私と同じ元浜松市民なのであーる!
私に言われたくないと思うけど、いやーなかなかチャレンジャーだね。
上越なんて問題にならない位スゴイもん、十日町の雪。

残念ながら今日は会えなかったけど、
優しくてハンサムな旦那くんに、色々馴れ初めとか聞いちゃったもんね^^。
今度はゆっくり「あのお話」を♪

HP見ればわかると思うけど、タナカクマキチ。もOMAKEも独特の雰囲気。
小奇麗でスタイリッシュな物がお好みの人には向いてないかもしれません^^;)
(誤解のないように、とってつけの流行りじゃないっつー意味ですよ)

でも、Caféの料理も地元食材の清津峡舞茸、津南ポーク、高長味噌
豪雪ジャムは「十日町といえば雪!雪を最大に活用して何かできないか!?」 と、
彼らが立ち上がり、3年前に野外フェスティバルをはじめたそうな。
とおかまちてづくり市も同じく。

「自分たちが育った町にある物」を大切にして、
それを楽しむにはどうしたら良いかに頭を使い、
知恵を出し合い、実行に移し、更にそれを続ける。
尊敬するよ、ホントに。
お金儲けや、とってつけの流行りじゃない骨太なセンスにやられますた。

さてお腹も一杯、口だけは良く動かしたので、次は自家焙煎珈琲のミールクラフトさんへ。
どこかに出かけた時、寄るのは大抵、
カフェ・パン屋・コーヒー豆屋・文房具屋・雑貨屋が主な私です。
f0131535_12595072.jpgホンットに小さなお店だけど和ませてくれるお店です。

試飲させてもらったコスタリカ。いつまでも香りが鼻の奥から離れず。自分で同じように淹れられたらな~(遠い目)
ジロー氏が頼んであった、超スタイリッシュなコーヒーミルを受け取っていた。
ビックリだ!
少し前までは、家ではもっぱらネスカフェだったというジロー氏。
今じゃKONOのドリッパーで淹れてるらしい。
ミールクラフトとの出会いがなかったら起こらなかったミラクル。
コーヒーだけじゃない、何か魅力があったのだね~きっと。

で、最後は地元スーパー「リオンドール」で夫へのお土産。
f0131535_2244954.jpg
まずは十日町に来たら高長味噌のホッポロ漬け!
大根・なす・きゅうり・から芋・みょうが・しその実を刻んで味噌に漬けてあるもの。
おにぎりにも、生野菜につけてもおいしいそうな。
今回初挑戦の「にんにくごまみそ」和え物にしても、タレにも使えそう。
f0131535_2252912.jpg
この季節にかかせないキノコ類とジロー氏お薦めの「大力納豆
キャッチフレーズが「水の違いが美味差(うまさ)です!」なるほどね。
大力納豆板詰専務のブログによると、近々上越でも販売するお店ができるようだ。
スーパー吉池あたりじゃなかろうかね~?

我が夫はこの上越という土地や雪が好きだ。
十日町や谷根(たんね)、どの町もそこに暮らす、その町を好きな人に案内してもらうと
とても魅力的な場所になるから不思議。

探せばどこにだって、そこにしかない大切な物があって
その土地のイイものを残したい、知って欲しいと言う人が増えると
素敵なセンスが生まれてくるんだな~と、最近いろんな人に気付かされるにょろ。

都会に行けばどこにでもあるもの、どこも同じ物も時々はいいけどね。
スタバとか、あれば絶対行くしさ^^;)
あっでもね、物だけじゃないんだ、そこに魅力的な人がくっついてるから
また行きたい、買いたいって思うんだね。

十日町、まだまだ色々ありそうで、お勧めです♪
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-11-17 23:18 | たわいもない日常