おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

猫と湯たんぽ

f0131535_042429.jpg
数少ないチビビンチョファンの皆様にお送りする本日の記事^^

新入りポン太郎に私がうつつを抜かしておるのももちろんですが
「雪やこんこん」の歌の通り、ねーこはこたつでまーるくなるー♪
最近じゃーおふたりとも、私のベッドの布団の上か、カゴの中で寝ている以外、
とんとお見かけしないためネタが全くありません^^;)

上越に来たのはチビが3歳、ビビがまだ1歳の頃。
コロコロ転がるように家中で運動会していたお二方も、年が明ければチビは7歳
すっかり落ち着きはらっちゃって、そう簡単にはあんまりおもしろいことしてくれませんの^^;)


ところで昨日のカゴ。
ビビが小さかった頃、同じように一つのカゴに入っている写真を引っ張り出してきてみた。
昔のブログに使った写真、キャプションもそのまま。
f0131535_0463099.jpg

ビビがちっちゃーい★当時まだ1歳になってない頃かな。

チビは結構世話焼きにいさんで、ちょっとしつこいくらいにビビをかまっていたのです。
f0131535_0474091.jpg

既にその姿は、まるで添い寝をする母のようである。


でも今じゃチビはこの季節、夜は私の布団に侵入してきますのでビビはひとり寝。
f0131535_0423333.jpg
チビ一緒に寝てあげればいいのに、自分ばっかりずるいわ~。




なので、ビビには小さくてかわいい湯たんぽを買ってあげました。これで寒くないね~。

いつかビビが布団にもぐりこんでくることはあるのだろうか?うーん、ないだろーなー^^;)
余談ですが、私は湯たんぽ派ではなく電気毛布派です。
今時エコじゃないけれど、だって冷えた布団に入るのが、大っ嫌いなんですもの。
もちろんシーツや布団カバーは起毛だったりで肌触りはソフト系なのでヒヤッとはしませんが
寒い夜に冷えたベッドに入ると、ものすごーく悲しい気分になるの私だけ?

もちろんベッドに入った時点でスイッチは切りますが
あの暖まった布団に入った瞬間のポワーンとした暖かさって、
まるで寒い日に暖かいお風呂に入った気分で「ほぇ~♪」って声が出ちゃうもんね。

余談ですが、夫は冷たいベッドに入るとヒヤッとして気持ちいいと言います。
この季節になっても、いまだに裸足で床を歩いています。
変ですよねー。
もしや、あの巨大なふくらはぎは蓄熱効果があったりして・・・・。


f0131535_04387.jpg
【その後のイノソー】
まずは普通にボイルしてみた。あのね、普通のソーセージに比べると、なんとなく野性的で濃いお味です。やっぱ過保護に育ってないからかしらね?

[PR]
by kinakotoohagi | 2010-12-12 10:52 | neko話