おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

珈琲屋さんと本屋さん

f0131535_13474788.jpg
最近、やけにコーヒーに関する本が出版されていて
ついうっかり買ってしまいそうで怖い、今日この頃です。
買えばいいじゃないかってね、でも今年から本屋で買う本は1度に1冊
あるいは、読んでいない本が3冊以上ある場合は買わないと決めたのです。
だってたまる一方だから、って、そんな話はどうでもいいのですがね
昨年末に『お正月用コーヒー』を注文し、毎日コーヒータイムが楽しいって話です。

富山のKoffeさんの、エチオピア イルガチェフェ ミディアムロースト
200g ¥1,300×2を年末に注文。
f0131535_1346583.jpg
昨年の1月に初めてお取り寄せでコーヒーと焼き菓子を購入
その後11月、用事で高岡市に行った帰りお店に伺った時に
今回購入したのと同じ豆を買って帰ってきたのです。

サンダーバードの料金めっちゃ高い!と思い、普通電車にしたくせに
乗り換えの1時間の間に、行き帰りタクシーってどうなの私とか思いながらもね
お店の引き戸空けた瞬間の、コーヒーの香しい香りにそんなこと忘れましたの、オホホのホ。
f0131535_13471447.jpg
奥様の焼く焼き菓子もとても美味しいけれど、念願のお店限定のケーキ。
立山町のラ・フランスのタルト。
まろやかなオリジナルブレンドhomeにぴったり。
ご主人が焙煎・抽出、奥様ケーキ制作って最強じゃないの?
f0131535_13481918.jpg
Koffeを知ったのは、堀口コーヒーの堀口 俊英さん著
『手づくりの田舎カフェはじめました』に載っていたお店の一軒。
富山なら行けるかなとね。

エチオピア イルガチェフェの豆。
家で飲むのは、浅炒りで香りのよいコーヒーが好きです。
この豆、本当に香りが素晴らしいの。
飲み終わってからもカップに残った残り香まで良い香り。
お正月に美味しいハムやお肉のお取り寄せじゃなくてコーヒーを頼んだのは、
のんびり本読みながら、またあのコーヒーが飲みたかったから。
f0131535_13473381.jpg
お店の目の前は桜並木。
桜のシーズンは、ガラス越しに座れば絶好のロケーション。
並木をそぞろ歩くお供にとテイクアウトのお客様で賑わうとのこと。
現在建物反対側には、何やら公共施設を建築中で
そちらにもたくさんの緑が植樹されるらしい。
お2階もこじんまりかわいいテーブル席。

こんなナイスなロケーションですが、初めはなかなかいい場所が見つからず
自転車で走っている最中偶然見つけた、貸し出されてもいない倉庫を
大家さんに直接交渉して今に至るとのこと。
コーヒーを淹れながら穏やかに物静かに話す山中康次さん。
そして奥様がもうじきご出産のKoffeは、平日の営業時間を12:00~19:00となるようです。

当然帰る頃には、珈琲屋さんとタクシー屋さんに支払った額は
サンダーバードの差額をはるかに上回っていたことは当然である。
f0131535_1348090.jpg
それにしても焼き菓子と珈琲は最強である。
コーヒーとパンも。
だから『コーヒー・Cafe・パン』この手のキーワードが特集されている雑誌を
我慢するのが大変と言うお話だったりするのです。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-01-23 14:55 | その他