おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

日帰り軽井沢:パンと牛乳と犬

f0131535_10284220.jpg
中軽井沢辺りに到着したのが10時前。
haluta karuizawaを素通りしてしまったので、ご存知星野リゾートのハルニレテラスへ。
唯一開いているベーカリーレストラン沢村でパンとコーヒーをテイクアウト。
思いがけずこの時間でも結構人が多いので、建物の裏手の川縁に降りて休憩。
ここのパン意外とおいしかったな(失礼だろ)
さすがの人気エリアなので、オフシーズンにまた来たいもんだ。
あの有名な軽井沢高原協会も近い、The軽井沢リゾート気分を味わえるエリアです。

国道146号を草津方面へどんどこ走ると、どんどこ人がいなくなる^^
このあと先日書いた麦小舎さんに行ったのね。
f0131535_10291573.jpg
でね、北軽井沢って長野県じゃないって知ってた?
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢というらしい。
余談ですが、横浜にも北軽井沢って住所があるんだね。
上越市に清里があるみたいなもんだ。
f0131535_10372666.jpg
しかし今回は急な思い付きだったので、頼りになる軽井沢情報はこれだけ。
麦小舎さん発行のForest & me. 番外編 森とさんぽと読書とわたし
軽井沢のカフェ特集が載ってる珈琲時間。
今回は行けなかったところばかりだけど、見ているだけで楽しい読み物っていいわ。


さてさて、麦小舎さんでゆったり満喫した後はそこから5分くらいの牛乳屋さんへ。
f0131535_1030330.jpg
乳牛の飼料に、農薬や化学肥料、殺虫剤や農薬を全く使っていない松本牧場さんの
牛乳やソフトクリームがいただけるのね。
高原だからさ、牧場やその手のお店も多いのだけれど
なんとなくね、行楽地から離れた、ヒッソリ感が良い。

で、牛乳屋さんからこれまた10分もかからないくらいのところにあるルオムの森
f0131535_10303455.jpg
LUOMU(ルオム)は、フィンランド語で「自然に従う生き方」という意味らしい。
大正時代の洋館にレストラン、森の中のアドべンチャーと盛りだくさん。
ホントはbook cafe百年文庫がお目当てでしたが、今回は下見のみ。
f0131535_1031261.jpg
子供にはおもしろくてたまらない空間だ、コレ。
f0131535_10313914.jpg
森の中を少しお散歩。
犬も一緒に泊まれるコテージやキャンプ場もあっていいな。
薪ストーブのある風景が冬の軽井沢を連想させる。

で、ここまでで帰るつもりが・・・・・行ってしまった、中軽井沢のJ.Johnny
f0131535_10334663.jpg
f0131535_10361118.jpg
ワンコグッズとcafeのお店なんだけどね、だって行かなきゃでしょ!
cafeの名前が→→→


とーさんにジェイポンの新しいカラーとリードをおねだりして、買ってもらいました^^)v

このお店にはJohnnyくんというゴールデンが看板犬でいたんだけど、
残念ながら今年の5月に亡くなっちゃったんだと。
でも16歳と7カ月って大型犬では驚きのご長寿さんだ!
長生きできてJhonnyくんもご家族もしあわせだったよね~。

お店の外のJohnnyくんのアイアンプレート、これステキ!
f0131535_10352421.jpg
と言う訳で、第二弾のご報告が遅くなりましたが、日帰り軽井沢記でした。

駆け足でしたが、人がまばらな北軽井沢なかなかいいですね。
天然氷で有名なかき氷のお店や万平ホテルのコレも心惹かれたけど、今回は山サイド中心。
遥か昔、こーきゅーレストランだのブランドショップだのが目当てで何度も通った軽井沢、
テニス合宿とかしちゃって、すっかり軽井沢を知った気になっていてごめんなさい^^;)
(バブルど真ん中を突っ切ったアラフォー女です)
これからは北軽井沢オンリーで十分に満足でございます。

少し肌寒くなった薪ストーブに火が入った頃また行きたい、軽井沢。。。おしまい。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-09-09 10:40 | 旅行