おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

コーヒールンバな毎日

f0131535_14264566.jpg
人生で何度目かの、空前のコーヒーブーム真っ只中の最近です。

浜松に出発する朝も、豆をひいてジップロックにIN。
それがね、安いジップロックもどきだったためか
カバンのサイドポケットから珈琲フレーバーダダ漏れ^^;)
長い道中、本を読むのに飽きると、やおらカバンから茶色い粉を取り出しては
クンクン嗅いでスース―吸い込む、それはそれで楽しい道中となりました。


何年か前、ジロー氏に教えてもらった、十日町の自家焙煎珈琲ミールクラフトさん。
違うんだよねー、ミールさんの店頭で試飲させてもらう味と、家で淹れる味が^^;)
最近はそれなりに美味しく淹れられるようになってきたとはいえ、
やはり毎回微妙に味が違ったり、そんなこんなもより一層はまる原因である。

ミールさんのホームページやメルマガを読むたび、
仕事が丁寧なのはもちろん、ホント珈琲が好きなのねーと感じる。
珈琲の産地のお話に思いを馳せているうちにイメージがムクムクと膨らみ、
ついついあれもこれもと飲んでみたくなってしまうのだ。
これ、正しいご商売の見本だね。


でもって、持参した豆は浜松であっという間に消費し
今回も実家近くのくらやコーヒー店で豆を買う。
f0131535_14423735.jpg
姫街道沿いにあるから姫街道ブレンド、ただ今冷凍庫で冬眠中。

昔から珈琲屋さんには縁がある。
そもそもが20数年前、住んでたマンションの大家さんの息子夫婦が小さなお店を始めた。
家業の布団屋さんの奥の小さな場所で始めた焙煎屋さん(浜松市向宿)、
今じゃ大通り沿いの立派な店構え。ここの夫婦の影響で黒ラブ好きになったんだ。
f0131535_16381933.jpg
看板犬は黒ラブ グラッチェさん(右)2年前、ジェイとの初対面。

浜松人生の後半でよく訪れたのはノンクランテさん(浜松市中区富塚町)
住宅街のど真ん中、カーナビないとたぶん今でもたどりつけない。
ステキなご夫婦の経営です。あっ、ここも犬つながりだ。
先代のゴールデンのバニーちゃん亡き後、2匹のスタンプ―が看板犬。

上越に来てからも珈琲工房かさはらさんはもちろん、富山のKoffeさんだったり
ロースターは個性的で魅力的でちょっとおもしろい人、多いのよね。
ここお勧め!な店があったら、ぜひ教えてください。


家では1日3、4回、毎回一球入魂の気合いです。
最近腕あがったなと思うのは、日本茶派の夫からコーヒーのリクエストが来る。ふふふ。
そろそろ本格的に、あのコーヒーポットが欲しい、今日この頃。
珈琲フィーバーはまだまだ続きそうです・・・・。
f0131535_16163158.jpg



[PR]
by kinakotoohagi | 2013-04-12 06:43 | その他