おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

ふたりっきりはイヤなんです!

防ぐべき犬の怖い病気といえば「フィラリア」
蚊を媒体として広がる病気なので、
そろそろお薬出してもらわなきゃってことで動物病院へ。
f0131535_13493278.jpg
今日はとーさんお仕事で忙しいので、かーさん一人
病院大好き小僧は車降りる段階でアチャアチャで、かーさん既にとっても不安。
待合室では、チワワを連れた優しそうなおばちゃんが笑いかけてくれただけで
嬉しくてピーピー鳴きながらジタバタく^^;)あんた今日は遊びに来たんじゃありません!

恒例の健康診断では通常の検査に加え、
7歳という年齢的にも甲状腺機能の数値も調べてもらう事に。
我が家に来て3年、医者にかかることもなく過ごしてきましたが
大型犬の7歳は人間でいえば54歳くらいだと言われている。
誰もが認める、立派なオッサンだ^^;)

常日頃、体のあっちこっち触りながら、
しこりや腫れみたいなものがないかチェックしているんだけど
最近気になる事がひとつ・・・・・。

おティンティンの近くにふたつ、プツッとしたオデキみたいなもの。
いやー!?何か変な腫瘍じゃないよねー!?Σ( ̄ロ ̄lll)と少し前からドキドキ。

お股をおっぴろげさせ、ティンティンの横の毛をかき分け
「先生コレコレ!これなんです!(*・д・)σ」と指差したオデキを見て、先生一言











「お母さん、これねオッパイ!」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ええぇぇぇーーーーーーーっ(゚ロ゚ノ)ノ!?



「男の子もあるんですよ、オッパイ。ホラこことここにふたつ」

確かに^^;)
やだもー、ティンティンの横になんでオッパイあるのよ、まぎらわしい!
ひゃー、はじゅかちーっ!


そしていつものごとく採血は人間ふたりで羽交い絞め!
その後肛門腺絞ってもらうのも、ひと騒動・・・かーさん汗だく。

本人は最後に美味しいおやつ貰ったことでテンションMAX!
待合室でも「可愛いわねー」と褒められれば飛びつきそうになるのを必死で押さえこむ^^;)
尻尾は既に振ると言うより、高速回転!
やっと車に乗った時には、かーさんどっと疲労困ぱい(゚ρ゚*) ・・・・。

f0131535_11523683.jpg
「断る!^^;)」
確か来月はワクチンだ。
とーさんと一緒じゃなきゃ、絶対連れていかないぞ。
その後、今年初めて車の冷房を入れた、いろんな意味で暑い一日でした。

※昨年の通院の様子は→コチラ
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-05-11 18:13 | inu話