おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

手強い女 ビビ

f0131535_10194131.jpg
そしてチビ亡き後、ひとり残されたビビンチョさん。
毎日朝晩1日2回、手からご飯をあげるようになり早2週間。
少しだけ私とビビの関係が変化してきましたよ。

ビビは昔からチビとしか会話せず、人間に向かって鳴くことはなかった。
こちらから話しかけても『寄らば斬るわよ!』的目つきでにらまれる^^;)

人間が見ている前でくつろぐこともなく、
まぁとにかく、毎日ご飯くれようが飼い主だろうが、何年たっても人はきらい^^;)

変化その1
最近の変化は『ビビご飯よ~』って呼ぶと、テチテチ走ってくる!Wao!
そりゃカリカリじゃなくっておいしいお魚の缶詰(焼津産)くれるからね。

変化その2
私の前でグルーミングしたり、くつろぐようになった。
オモチャの毛玉に反応して遊ぶようにもなった。
f0131535_11463552.jpg

変化その3
手の上のお魚食べてる間は体を撫でさせる!(イヤイヤだけど)
ビビはよく毛玉を吐く。チビと違ってブラッシングさせないからね。
はじめて撫でた時、大量に毛が抜けたので、それから毎回毛をあつめてみた。
それが上のグレーがかった小さい毛玉、ビビ玉。
奥の2つはチビ玉。

ビビ玉が大きなチビ玉くらいになる頃には、少しは仲良くなれるかなーなんて思うけど
お嬢さんはそう甘くないのだ^^;)

ご飯食べ終わっても撫でてると、『いつまで触ってんのよ!』とばかりに
噛みつくし、猫パンチが飛んでくる!?(本気じゃないから痛くないけどね。)
ご飯のとき以外は、決して近寄っては来ないしね。
まぁ、気長にやわやわやることにしましょう♪

f0131535_11465831.jpg

ビビがうちの子になった頃、既に野良気質全開だったので
毎日抱っこして撫でてしたけれど、一向に懐く気配はなかった。
なので『チビしゃん、ビビのことよろしくね~』と
早々にお任せしちゃったのがいけなかったのね^^;)

子育てし直しである、ビビさんもう8歳だけど・・・。

時々廊下で、チビを探して鳴いていることがある。
チビを呼ぶときは甘えたような、独特の鳴き方をする。
いっつもふたりでくっついていたからね、チビがいなくなったこと
わかってないはずないし、そりゃ不安に違いない。

さてこれから、人間に心開く日はくるのだろうか?
乞うご期待!
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-08-17 10:21 | neko話