おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

空白の10日間

4月30日に式が終わり
一気に疲れが出たのかひどく風邪をひきました。

約10日間。
ゴールデンウィークの間は朝から晩まで昏々と眠り続けた。
こんなに声が出なくなったのも、はじめてかもしれない。
4日に肺炎を心配し、救急病院に行くがお薬のみの投与。
まったく良くならず咳のし過ぎで胸が痛い。
今日やっと地元の内科に行く。

肺炎だったかもしれないけれど今となってはわからないらしい。
が、確実にひどい気管支炎。
二時間、点滴をする間も咳は止まらず何度となく
看護婦さんが様子を見に来てくれる。
義姉の同級生という先生は、的確な説明と対応で信頼できそうなお医者さん。
待合室にはたくさんのお年寄り。
地域に根ざしたお仕事振りが、往診バッグに現れていた。

この時期は田植えの準備で忙しい夫。
朝早くから田んぼに出て朝ごはんを作りに帰ってきて私にも食べさせる。
昼も夜もその繰り返し。
これがほぼ3日間と少し。

食欲がなく、何も食べたくない私に
どんぶりいっぱいの茶碗蒸しを作ってくれた。
銀杏やしいたけ入れて、蒸し器で蒸した本格派。
できた夫だ!

夕方久しぶりに外へ出て、夫と一緒に田んぼへお散歩。
風が涼しくて気持ちがイイ。

まだ歩くだけで疲れるけれど点滴のせいか随分と楽になった。
明日もう一日点滴をしに行く。

何もない健康な状態のありがたさが見に染みる。

f0131535_15463716.jpg




いつの間にか庭のライラックが満開だった。
[PR]
by kinakotoohagi | 2007-05-08 15:34 | たわいもない日常