おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

カテゴリ:旅行( 48 )

おいしい戸隠

あっという間の11月でございます。
先週の連休には親戚の法事があり舞鶴へ、その帰りに輪島を周ってきました。
久しぶりに充実した旅、戻ってからもじわじわと噛みしめておりますので、
ニヤニヤと存分に味わい尽くしたら書こうかな。

そして朝から嵐のような本日でしたが、寒くなる前に恒例のりんごの仕入れでございます。
今季すでに3回目って、どんだけりんご好きよ?^^;)
しなのゴールドがさーほんと美味しいんだよー!

信濃町のりんご屋さんの前に、お蕎麦が食べたくてちょっと戸隠まで。
実は新潟県民になって『初戸隠』でございました。
f0131535_20351873.jpg
戸隠奥社前食堂 なおすけの鴨ざるそば。
お蕎麦ももちろん美味しかったけど、鴨の油の浮いた甘くて濃いめのおつゆが好みでした。
かなり濃いめでしたけどね。

超パワースポット戸隠神社、お参りはまたの機会に・・・。

そして山をあがってくる途中に見つけて気になっていたらんぷ屋Cafe
f0131535_20392942.jpg
20年前にこの地に移り住み、開拓しながらだんだんに出来上がっていったお店とのこと。
スイーツだけじゃなくて、自家製のスモークサーモンやベーコンを使った
「かぶりつきサンド」もなかなか本格的な感じだぞ。
f0131535_20394613.jpg
紅玉のアップルパイ。さくさくのクランブルとほのかなシナモンとクリームがほどよい相性。
雨は一向にやむ気配もなくて、薪ストーブの暖かさがしみたわ。

ほんとはもう一件寄りたかったパン屋さん、日曜お休みだったのね。
でもそれを調べるうちに偶然思いがけない情報にたどり着き、しばしコーフン!
本格的な雪になる前に、再訪したい戸隠、黒姫界隈でございました。。。


まだ暖房器具を出していなかった我が家、帰ってさっそく床暖房の試運転。
とーさんが綱引きの練習に行ってる間、
お留守番犬ポン助さんと床でゴロゴロうたた寝なんかしてたら、
ちょっと風邪ひいたかも^^;)
f0131535_20401079.jpg
でも昨日から煮てあった鶏手羽と大根・厚揚げで、
お腹から温まったら復活したみたいだ(ド単純)
大根うまーい!

舞鶴&輪島の美味しい物(主に珍味・つまみ系)が充実している我が家。
寒さも手伝って、とーさんの熱燗率がググッとあがっている、今日この頃です。

『雪好き』の我が家ではありますが、雪が降る前の
雨続きなこの季節があまり好きじゃないと、最近のとーさんの口癖。
でもストーブ・スープ・お風呂・毛布・おでん・お鍋・珈琲・ミルクティーって
寒いからこそ、なんかわくわくする魅惑的な響きじゃございませんこと?
熱燗も美味しくなって、新潟の冬到来って感じの今日この頃のおはきな家でございます。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-11-10 20:46 | 旅行

日帰り軽井沢:パンと牛乳と犬

f0131535_10284220.jpg
中軽井沢辺りに到着したのが10時前。
haluta karuizawaを素通りしてしまったので、ご存知星野リゾートのハルニレテラスへ。
唯一開いているベーカリーレストラン沢村でパンとコーヒーをテイクアウト。
思いがけずこの時間でも結構人が多いので、建物の裏手の川縁に降りて休憩。
ここのパン意外とおいしかったな(失礼だろ)
さすがの人気エリアなので、オフシーズンにまた来たいもんだ。
あの有名な軽井沢高原協会も近い、The軽井沢リゾート気分を味わえるエリアです。

国道146号を草津方面へどんどこ走ると、どんどこ人がいなくなる^^
このあと先日書いた麦小舎さんに行ったのね。
f0131535_10291573.jpg
でね、北軽井沢って長野県じゃないって知ってた?
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢というらしい。
余談ですが、横浜にも北軽井沢って住所があるんだね。
上越市に清里があるみたいなもんだ。
f0131535_10372666.jpg
しかし今回は急な思い付きだったので、頼りになる軽井沢情報はこれだけ。
麦小舎さん発行のForest & me. 番外編 森とさんぽと読書とわたし
軽井沢のカフェ特集が載ってる珈琲時間。
今回は行けなかったところばかりだけど、見ているだけで楽しい読み物っていいわ。


さてさて、麦小舎さんでゆったり満喫した後はそこから5分くらいの牛乳屋さんへ。
f0131535_1030330.jpg
乳牛の飼料に、農薬や化学肥料、殺虫剤や農薬を全く使っていない松本牧場さんの
牛乳やソフトクリームがいただけるのね。
高原だからさ、牧場やその手のお店も多いのだけれど
なんとなくね、行楽地から離れた、ヒッソリ感が良い。

で、牛乳屋さんからこれまた10分もかからないくらいのところにあるルオムの森
f0131535_10303455.jpg
LUOMU(ルオム)は、フィンランド語で「自然に従う生き方」という意味らしい。
大正時代の洋館にレストラン、森の中のアドべンチャーと盛りだくさん。
ホントはbook cafe百年文庫がお目当てでしたが、今回は下見のみ。
f0131535_1031261.jpg
子供にはおもしろくてたまらない空間だ、コレ。
f0131535_10313914.jpg
森の中を少しお散歩。
犬も一緒に泊まれるコテージやキャンプ場もあっていいな。
薪ストーブのある風景が冬の軽井沢を連想させる。

で、ここまでで帰るつもりが・・・・・行ってしまった、中軽井沢のJ.Johnny
f0131535_10334663.jpg
f0131535_10361118.jpg
ワンコグッズとcafeのお店なんだけどね、だって行かなきゃでしょ!
cafeの名前が→→→


とーさんにジェイポンの新しいカラーとリードをおねだりして、買ってもらいました^^)v

このお店にはJohnnyくんというゴールデンが看板犬でいたんだけど、
残念ながら今年の5月に亡くなっちゃったんだと。
でも16歳と7カ月って大型犬では驚きのご長寿さんだ!
長生きできてJhonnyくんもご家族もしあわせだったよね~。

お店の外のJohnnyくんのアイアンプレート、これステキ!
f0131535_10352421.jpg
と言う訳で、第二弾のご報告が遅くなりましたが、日帰り軽井沢記でした。

駆け足でしたが、人がまばらな北軽井沢なかなかいいですね。
天然氷で有名なかき氷のお店や万平ホテルのコレも心惹かれたけど、今回は山サイド中心。
遥か昔、こーきゅーレストランだのブランドショップだのが目当てで何度も通った軽井沢、
テニス合宿とかしちゃって、すっかり軽井沢を知った気になっていてごめんなさい^^;)
(バブルど真ん中を突っ切ったアラフォー女です)
これからは北軽井沢オンリーで十分に満足でございます。

少し肌寒くなった薪ストーブに火が入った頃また行きたい、軽井沢。。。おしまい。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-09-09 10:40 | 旅行

日帰り軽井沢:麦小舎訪問

お盆のお客様や仕事でどこにも出かけていない夏、
とーさんのツルの一声「軽井沢行くぞ!
なんで軽井沢なのかというと・・・
今年こそ5月の終わり頃の一番良い季節に行こうと思っていたのが、
父の事や何かで行かれずじまいだった、北軽井沢の麦小舎さんに行きたかったから。

鳥の声しか聞こえない、森の中の週末だけオープンするブックカフェ。
f0131535_15543541.jpg

このテラスのカウンター席で、森を見ながらコーヒーと読書が狙いだったけど
今日は黒犬連れなのでお庭です。
f0131535_1555326.jpg

外はまさに森の中。f0131535_15555676.jpg
ここを初めて知ったのは2007年に発行された「自給自足のカフェの本
その後gallery tanneリトルプレス Forest & meに出逢い
昨年11月tanneに出張してきた麦小舎さんのイベントに行って以来の念願の北軽。

母屋の隣には、古本と紙雑貨の店『キジブックス』
秘密基地的ワンダーランドですよ。f0131535_15594344.jpg
ここだけで軽く一時間は欲しいよ。
絵本や昔懐かしい雑誌とか、楽しすぎる。
f0131535_15595723.jpg
その前にまずは腹ごしらえ。とーさんは麦小舎バーガー
しかしとーさんはレタスがあんまし好きじゃない。わはは。
f0131535_15585626.jpg
私は季節のスープセット。あたたかいジャガイモのスープに枝豆とベーコン。
冷たいジャガイモのスープは今年も何度も作ったけど、
あたたかいのって新鮮だったな、うちでも作ろう。
f0131535_15581920.jpg

森の中の黒犬さん。
おやつは相変わらず家から持参のきゅーりちゃん。
ここんちの百々ちゃん(秋田mix)には移動するたび吠えられちゃったけどね
基本いつも通りゴキゲンさん。f0131535_16152698.jpg

8月最後の土曜日、中軽井沢周辺は相変わらず人が群れていたけれど
お店に到着した頃、私たち以外には3組。
皆さん店内でのんびりなので庭のハンモックは貸切状態。f0131535_155628100.jpg
食後のプリンをたいらげ、コーヒー片手に本を読んでいると
小鳥のさえずりの向こうで「ンゴッ!」ととーさんのいびき。
二回目の「ンゴッ!」でさすがに起こしてあげました^^;)
気持ち良すぎるよ、これ。

店内は壁一面本棚のあるテーブル席やソファー席。
増設されたテラス席で好きな本をゆっくり読める。
涼しくなったら次回は黒犬さんお留守番で店内席を堪能しよう。

ツリーハウス建設中?f0131535_1651741.jpg
実は昔から、窓から森が見える家に住みたいと常々思っている。
しかし、悲しいかな我が家は天下の国道サイド。当然引越し予定もなし。
だからこんな環境はたまらないけど、twitterで店主麻子さんの
過酷な冬のつぶやきを見るにつけ、羨ましいなんて口が裂けても言えない。
だって電化製品が作動しなくなる、マイナス20度とか・・・。

だから余計に、新緑のまぶしい美しさや、暖かく色づく秋の森を
いちばんに堪能できるのが、ここで生活する人の特権だよね。
そんな森にまたお邪魔しに行きたい、夏の日帰り北軽井沢・・・。
f0131535_16145164.jpg

麦小舎さん以外にどこ行ったかってのは、つづくのだ・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-08-27 17:19 | 旅行

男のひとり旅

f0131535_1165946.jpg
先週、3/18~3/24のちょうど一週間、夫が一人旅に出ていた。
四国から九州をまわる行き当たりばったりの旅。
勤続40周年のご褒美、リフレッシュ休暇でした。

写真は途中立ち寄らせて頂いた高知県三原村の、放し飼い地鶏の『しゅりの里』の卵。
ビックリするほどきれいなオレンジ色の黄身は濃厚で
卵焼きにしたらキレイだわ美味しいわ!卵かけご飯にしたら濃厚でビックリ!
しゅりの里のみなさん、直前の連絡にもかかわらず、
大変お世話になりありがとうございました^^美味しい卵もたくさんごちそう様でした^^

f0131535_11232313.jpg
私のお土産希望は唯一
美味しい柑橘送れ!

わーいわーい、2箱も!と喜び勇んであけたら下の大きい箱は荷物と洗濯ものだった・・・・。

でも洗濯物を開けた時の黒犬さんの反応はすごかったよ。フガフガ匂いを嗅いで『あっ、とーさんだ!とーさんだー!』とあきらかに目つきがキラッキラ。帰ってきたと思ったのか、廊下やドアの外の様子を見に行く姿が健気だったわ~。

『せとか』はオレンジに近い果肉で、甘さと果汁の多さにビックリ。美味しい~♪

しかし出発前日の夕方まで行程どころか宿も決めていない行き当たりばったりくん。
当然荷造りも前夜遅くにチョイチョイっと・・・・アタイにゃ信じられん!
おまけに独身生活を謳歌しようと思っていたワタクシ、3日目に風邪をひき39度近くの高熱。
結局ひとりを謳歌する間などなく、逆に季節外れの雪の寒さに震えながら
鶏のエサやりや、外でしかトイレのできない黒犬につきあうことに。
猫って手がかからんわ~と実感した、ながーい一週間でした。

高田→神戸→香川→徳島→高知→愛媛→博多→名古屋→高田
美味しい物をたくさん食べて、たくさん歩いて、大好きな船にもたくさん乗って
楽しい旅だったご様子、良かった良かった^^

本日のオマケ:お留守番組
f0131535_11514529.jpg
今度は絶対一緒についていきます。旅のおやつはバナナにしてください。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-03-28 12:10 | 旅行

シラスと柴犬:みかんの国日記2012

滞在最終日、曇り空の浜名湖を眺めながら朝食です。
f0131535_1115123.jpg
レストランでも『お利口ね~』とか『可愛いわね~』と褒められ、
朝からまんざらでもない黒犬。
普段は素っ裸な黒犬さんですが、抜け毛防止のために珍しくお洋服着用中です。
洋服着せられると、普段より3割大人しくなります。

浜名湖沿いをぐるっとまわり、本日最初に目指すは舞阪町の堀江商店さん。
f0131535_2211178.jpg
今まで何度も登場している浜名湖産のシラスと海苔(・★・★)は、
ここ丸吉堀江商店さんから送ってもらってます。
朝早くからお客さんがひっきりなしで賑やかなお店。

シラスは浜松市全体の魚業漁獲量の半数を占めるほどの主力魚介類!
舞阪漁港では、約2.600㌧のシラスの水揚げがあり、
全国の漁港別漁獲量で第1位なんですってよ、奥さん!
f0131535_222145.jpg
干し方の程度によって5,6種類あるシラスがズラリショーケースに並びます。
釜揚げシラスは既に完売!?
特上シラス、ぶち海苔、本鰹節等を大量に買い込む。
明日はピーちゃん産みたて卵とシラスで卵かけごはん、超贅沢~♪

去年は原発の影響で『桜エビとシラスの共同購入』を断念した皆様、今年こそ!

さて物欲を満たしたら、今度はじじばばのお店で看板犬・・・・
f0131535_2241194.jpg

ではありません。
今日はこの人に会いに・・・・・

f0131535_221849.jpg
ジェイポンは初対面の柴犬テンちゃん
生まれた頃は天竜の山奥で走り回っていたはずなのに
パパのお仕事の都合で去年までオランダにいたパスポート持ってる国際派。
オランダではよくキツネと間違えられたらしい。(テンの『オランダ通信』)


テンちゃん3ヶ月の頃のお写真見つけたよ^^
f0131535_22284467.jpg
この頃はピョンピョン飛び跳ねてたのに、立派なレディーになったわよね~と言った矢先
珍しく他犬に『遊ぼう!』と誘うジェイを見ると・・・・


f0131535_22101646.jpg
やっぱ洋犬の言葉は和犬には通じないらしく・・・^^;)
おまけに、大好きなじじに近づこうとしようものなら・・・・
f0131535_22113319.jpg
和犬にギャン吠えされるのには慣れっこのポン助さんもタジタジ^^;)
一触即発、微妙な距離感。
f0131535_22183752.jpg

なのに大好きなじじには・・・
f0131535_2283184.jpg
テンよ、あんたも結構顔に出るタイプね^^;)

そんなこんなで目的全て達成したものの、お天気だけは味方してくれず、
御殿場経由で富士山見ながらコースを断念し西廻りで帰って参りました。

黒姫の辺りから雪の壁が現れ出し、太平洋側とあきらかに違う
しっとり湿った空気を吸い込むと『あ~帰ってきた~』と思う私は既に雪国の女です。

皆さんお世話になりました。
さて次回はいつにしようかね・・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-03-22 21:08 | 旅行

海とイタリアン:みかんの国日記2012

ここ最近、一気に雪が解け始めていたおはきな地方ですが、
昨日は朝起きたら一面白銀の世界に逆戻り。
「聞いてないよー!」とひとりごちる私。
でももうあと3週間後には地元の春祭り、そして観桜会が始まる。
ここから桜までの劇的に変化する季節が、雪国の醍醐味だ!

さてさて既に記憶が薄れかけている「みかんの国日記」の続きを忘れないうちに。
3日目の昼頃、とーさんがジェイを連れて車で到着。
f0131535_12101937.jpg
今回のお泊まりは浜名湖のほとりアクアペンション クッチェッタ
20年位前から実家にいたワンコを連れてはちょくちょく行ってた
犬連れOKのcafeもあります。今回初お泊まり。
f0131535_12105719.jpg
運転疲れのとーさんにくっついて黒犬も一緒にお昼寝中。
f0131535_1226257.jpg
まだ雪の壁がそびえたつ雪国と、既に春の気配ムンムンの生まれ育ったみかんの国。
雪国の住人になりはや5年、今回程季節の違いを実感した年はないよ。

海沿いをお散歩中見つけた4輪バギーGRIZZLY。
超タイプですが既に生産終了。
アタッチメントをつければ除雪にも使える・・・・欲しい!(元YAMAHA社員の方へ)
f0131535_1226456.jpg

さて、夜は浜松市内に舞い戻り、夫の大好きなイタリアンLa Oggiへ。
f0131535_12501042.jpg
以前にも書きましたが、私には実家以外に「ほぼ実家」と言う家が一軒あります。
私が高校生の頃から世話になっている舶来バイク屋のじじとばば。
帰省の時は必ずじじばばに連れてきてもらう店。
結婚する前から夫も来ていたし、プロポーズのお返事もこの店でしたぞ!
OPENして8年。
最近じゃ週末は予約がないと入れないらしい、ひぃー。
f0131535_11425848.jpg
じじお勧めの浜名湖の牡蠣や渡り蟹のパスタ、
ここのが一番好きないろんなチーズのピザ等々、いつものことだが大満足だ!

夫とばばは『花のニッパチ組(昭和28年生まれ)』でなぜか恐ろしく気が合うらしい。
おもしろい位、それはまぁよく飲んではよくしゃべる。

70歳なのに相変わらずそうは見えないじじと
仕事は恐ろしくできるが、それ以外は子供みたいな58歳のばば。
休みの日の二人はイタリアンマフィアのようでカックイー。

我が家の理想の将来像だ。
頼むからホントにホントに長生きしてね。
ほいで、とっととリタイアしてまた上越に遊びに来てねーーーっ!

■La Oggi ラ・オッジ
浜松市中区幸3-5-17
TEL 053-475-5055
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-03-20 12:14 | 旅行

思い出の江の島:みかんの国日記2012

f0131535_1628231.jpg
高校時代の友人M山宅に用事があり久しぶりに海方面へ。なつかし~!
新潟県が背中に日本海を背負っているのの真逆、静岡県はお腹側が太平洋。
浜松市の中でも比較的海に近い所で育ちましたのよ。

あたくしにもかつてあったてぃーんえーじゃーの時代
ここんちで着替えては海に行ったり、海浜公園でバドミントンしたり
あとは色々あんなことやこんなこと・・・(とても書けない)嗚呼、思い出の遠州灘。
(余談ですが静岡県なのに浜松市には江の島町があって、掛川市には横須賀がある)

新しくできた道路にとまどいながら記憶をたどりM山宅に向かう途中・・・・
見つけた!なんだこの店!が、トップ画像です。
もちろん行くよね、即!
f0131535_17141273.jpg
石窯でパンやピザを焼いているはま~るcafe
4年前にOPENしたらしい。ちょっと浜松市民知ってた?
いいなーM山ってば、歩いて行けるところにこんな店会って!

店内は小さーいの、5,6人掛けの大きなテーブルのみですが
外にテラスもあってお食事できます。
石窯パンは月・水・金の販売。
f0131535_171566.jpg
オーナーの中村達也さんはナオト・インティライミ似の海の近くに生息するサーファー
昔は移動バスでいろんなイベントに出展していたんですってさ。
石窯も独学の手づくり、コンテナを改造した店舗や外のテラスとか
できることはコツコツ自分の手で作っただけあって、独自のいい味かもし出してます。

外にはトロピカルな葉っぱの屋根のテラスや
近所のおぢちゃんたちが集まる可愛いビニールハウス、スモーク用のドラム缶とか
いや~とにかくワクワクするよ。
外のテラスでコーヒー飲みながらノンビリ読書したい。
今度は夏に行きたい、きっと夏が似合う。

時間がなかったのでコーヒーだけだったけど、いろんな話できて
ものすごい楽しい、偶然の出会いだったなー。
次回必ずまた行きたい。

上越に来てから、時々浜松に帰ると思う事。
昔は浜松ってなんにもないなーと、せっせと東京や神奈川に通ってたけど
今浜松に帰ると物が溢れてて、ちょっとアップアップしちゃうから不思議だ。
環境が変わると必要なくなるモノ、変わってもやっぱ欲しいモノ。
相変わらず身近にあって欲しい物は、
雰囲気のいいcafe・アジのあるパン屋・気の利いた本屋・変わり者のコーヒー豆屋
これやっぱ必須でしょ。

浜松市民、はま~るまだ行ってなかったら行ってみてレポートしてね。
シルバーのエアストリームが目印。
中田島入口(1号線)の交差点から1ケ東の信号(酒のガリバー)を江の島高校方面へ。
海浜公園を過ぎて右側。ちょと奥まってます。


■はま~る石窯カフェ
住所:浜松市南区中田島1161
営業時間:11:00~Sunset (石窯パンは月・水・金販売)
定休日:木曜
TEL:053-441-4534

[PR]
by kinakotoohagi | 2012-03-07 17:56 | 旅行

治一郎さんちのプリン:みかんの国日記2012

f0131535_2302890.jpg
いやー浜松どんどん新しいお店ができていて、たった5年で浦島太郎です。
母と買い物に出た帰り、大平台の治一郎に寄ってみた。
この名前だけでピンと来た人は食いしん坊決定!
何屋さんかと思うネーミングですが、バームクーヘンで有名なお店。
最近スイーツ系ランキングにもちょいちょい顔を出す治一郎のバームクーヘン。
結婚前上越に通ってた頃、駅ビルのシャンボールの隅っこに置いてあった
カットサイズを車中のおやつに買っていた。
こんなすてきなお店ができて、有名になるとはねビックリだ。

お土産を買うつもりが、ついでに併設のcafeでおやつタイム♪
コーヒーがサイフォンでサーブされるの、珍しいよね。
お菓子類の味よりも、たっぷり2杯分なうえにコーヒー美味しくて驚く!
ロールケーキまぁまぁ、バームクーヘンのブリュレは私には少々甘すぎ。
でもって友人宅へのお土産は、バームクーヘンじゃなくてプリン。
f0131535_2353050.jpg
本店でしか売ってない限定品。
カスタード好きとしましたはプリンには少々うるそうございますが
これ文句なし、美味しい!
上の方はちょっと固めの焼き加減で下に行くにしたがってトロトロ。
これプリンには珍しく、丈の長い縦長のガラス瓶だからだろうな~。
ここでしか食べられないと思うと、次回から毎回食べたい治一郎さんちのプリンです。
バームクーヘンも今美味しいお店たくさんあるけど
治一郎さんちのしっとり系で美味しいよね?
上越人でもお取り寄せした人、約一名知ってます^^

確か昔、宮竹の工場直売所でバームクーヘンの切り落としを
安く売ってたような記憶が・・・・。
文明堂のカステラもはしっこの切り落とし、袋に入って売ってたよね。
うなぎパイだって、欠けたのが入ったお得な大袋は地元じゃないと手に入らない。
いいな~なんかこういうローカルおやつ。

そう言えば地元の、源氏パイで有名な三立製菓
コンビニでカニパン見つけて懐かしかったのでお土産に買ってみた。
それ以外にも上越では見かけないものを今回色々発見。
その話はまた今度・・・・。

あープリン食べたくなった!?


PS:ぽこ姫どの
吉祥寺パルコにも「クーヘンスタジオ治一郎」ありますよ^^


■治一郎 大平台本店
静岡県浜松市西区大平台3丁目1番1号
053-485-4750
営業時間:9:00 ~ 19:00
定休日:年中無休

[PR]
by kinakotoohagi | 2012-03-06 15:13 | 旅行

うなぎの国2010@ひとり旅

f0131535_17345679.jpg
今年は前半で体調を崩したこともあり、
6月にとんぼ帰りでジェイをお迎えに行ったっきりなので
ちゃんとした帰省はほぼ一年ぶりのうなぎの国です。

29日(金)先発隊は私ひとりで電車の旅。
久しぶりの電車&新幹線は困っちゃう~、道中お勉強でもしようと思ったのに
面白い人や不思議な人がたくさんで、目が離せない^^;)
いや~都会はきれいな人や変わった人が多いわね♪

浜松駅まで母に迎えに来てもらう。
なんだかアッチコッチ風景が変わっていてキョロキョロ。

・プレスタワーはどーなっちゃったの?
・名鉄ホテル、名前変わってるし・・・
・よくプロレス見に行った浜松市体育館なくなってるし・・・・
・神戸屋がパスタ屋?!
・思い出の幸町のデニーズが、何だあの店!?
・城北の横の花屋なくなってる・・・・
・しゃべり倒した青年婦人会館ないじゃん・・・・

一年ぶりの浜松のエライ変わりように驚き、思わずメモリました^^;)

お米の国の皆さん、浜松は基地が近いので相変わらず冗談みたいに
飛行機がすぐ近くの頭上を轟音と共に飛んで行きますよ。

さて実家にて昼食後、姪の顔を見てから早速ひとりでお出かけです。
今回は何件か行ってみたい店があります。(長いですよ~♪コーヒーでも飲みながらどぞ^^)

一件目はTOP写真のパン屋さんBoulangerie Kaseru (ブーランジェリー カセル)
2008年10月OPEN。
飛騨高山の有名なお店、ブーランジェリー トランブルーで修業された方とのこと。
デニッシュ系やクロワッサンを期待していったのですが、ほぼ完売、とほほ^^;)
そりゃそーだ、でも三ケ日のてんまり工房のイチジクのジャムを購入。
明日の早朝リベンジしたい!
f0131535_20101526.jpg
お店の横にはこんなにかわいいテラスも。
【Boulangerie Kaseru (ブーランジェリー カセル)】
住所:静岡県浜松市中区富塚町1088
電話:053-473-7606
営業時間:7:00~18:00  
定休日:月曜・日曜


冨塚からホワイトストリート方面へ、2軒目もまたパン屋さん^^;)
ANODATTE(アノダッテ)
f0131535_17352090.jpg

奥様が磐田ご出身で東京からのUターンだとか。とても感じの良い奥様と素敵なご主人^^。

いつの間に出来たんだろうと思ったら2007年3月OPEN。私が浜松を離れたのが2007年2月、そりゃ知らない訳だ、超すれ違い^^;)

落ち着いた店構えでパンの見た目もシックな感じ。
f0131535_17353279.jpg
あれこれ買いましたがマフィンが美味しそうで、コーヒーマフィン、上にかかったコーヒーシュガーが車の中でものすっごい良い香り。我慢したあたいってばオリコーさん♪
【ANODATTE アノダッテ】
ADRESS:浜松市中区佐鳴台4-32-11 1F
TEL:053-440-0502
OPEN:9:00~19:00
CLOSE:火曜日(&不定休)



さてまたホワイトストリートに戻り、
通り沿いに昨年の5月にOPENしたzakka & cafe anne nonne
f0131535_17354790.jpg
北欧の雑貨やアクセサリー、ステーショナリー、食器など。
女子率高そうな可愛らしいお店です。
f0131535_1736372.jpg

f0131535_17362415.jpg翌日、袋井で有名なイベントに出展する関係でマフィンの数が少なめでしたが、レーズンのマフィンがありました。カップは先日十日町の雑貨屋やカフェでも使われてたRimout。やっぱ人気なのね。
f0131535_17363617.jpg
アンティーク家具やスツールは静岡市の古道具 水無月さんのものだとか。
左のモールガラスがはめ込まれたパーテーションは、リフォームした業者が古い建具の一部を縦にしてはめ込んだものらしい。


「anne nonne」ってフランス語かと思ったら、オーナーさんが飼っているワンコちゃんアンちゃんとノンちゃん2匹の名前を当て字にしたんだって^^
優しい雰囲気の女性でした。
【zakka & cafe anne nonne】
住所:浜松市中区佐鳴台5-27-10
定休日:水曜日
営業時間:AM 10:00~PM8:00



最後は、ホワイトストリートから雄踏街道に入り、
西高坂下の信号を上がり一段下がった右側。
ココが今回一番行きたかった茶房ギャラリーすいか
f0131535_17364956.jpg

f0131535_1737382.jpg
写真が暗くて残念ですが、ちょっと素適過ぎて出し惜しみしたい気分。行く前から絶対好きって思ってたけど案の定。時間切れでゆっくり見られなかったから次回のお楽しみ。
私の好みを知っている浜松市民の皆さん、一押しですよ!
知ってる方は知っている、あの超人気カフェ「オルガンサン」が移転した跡地です。
【茶房ギャラリーすいか】
住所:浜松市中区東伊場1丁目29-23
TEL:053-523-6550
営業時間:OPEN 月、火、水、
       日曜/11:30~18:30
       金、土曜/11:30~23:00
       木曜休み



実は今回ANODATTEさん以外は、みんな同じ施工業者がリフォームした物件なのですよ。
浜松に住んでいた頃に何度か行ったことのある近所の家具工房。
最近店舗の施工もやっていると知り、見てみたくって。
全体的に流れている雰囲気は似ていますが、それぞれに個性的で空気感の違う良さがあり
むむむーーーっと、思わず鼻の穴が広がったわい。
とくに「すいか」は大人の遊び場っぽさがたまりませんよ。

良いこだわりのある、質の良い建築家や施工業者が多い街は良い街並みが生まれる。
大量生産はちっとも面白くなくて、ワクワクしないもんね。

そして駆け足で廻ったあとは、こだわりの家を作ったM松家で昔の仲間と宴でございました。
そんな、初日から予定ツメツメの浜松の一日目でした・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-11-03 21:59 | 旅行

クラフトフェアまつもと 2010 ~悶絶~

さーて目的達成ホクホク♪と集合場所へ向かう途中。
あらやだ、なんか気になるうつわ達発見!
長崎県から出店の吉田健宗さん。
f0131535_16184977.jpg作家の方って割とひとつの路線・傾向が多いと思うのだけれど、この方黒や茶色のザラザラシリーズと、パッと見ホーロー?のホーローシリーズ(写真左)それに粉引きシリーズと、見事に違うタイプが並んでたな。
f0131535_1619344.jpg


四角いホーローバットのようなデザインの物もすごく素敵で、最後まで相当迷ったのだけど・・・・・
結局いちばん初めに目にとまった、この四角いぺったんこプレートを購入しました。
f0131535_1620571.jpg
ほのぼのと優しそうな奥様とふたり、車で初めて長野まで来たそうな。30代の若い作家さんでした。

年々出店数もジャンルも膨らんでいくクラフトフェアまつもと。
今回は「うつわ」のみに集中したので、「うーんいい仕事したわい」とひとり満足して
集合場所にむかう途中・・・・・・またもや悶絶!?

余宮隆さん(朝虹窯 あさにじがま)熊本県天草からの出展。
f0131535_16203626.jpg

結局のところ私は「しのぎ」が好きなんだね。おまけに最近惹かれる鉄っぽいような、飴っぽいような色合い。
f0131535_1621197.jpg隣では三谷さんのブースが賑やかだけど、そんなことお構いなしに散々迷うもあえなくタイムオーバー。

去年の川口さん同様、来年まで持ち越して恋心を温めておくわい。
しかし今回心惹かれた陶芸家で宮田さん以外は三人とも九州から
(川口さん→佐賀・吉田さん→長崎・余宮さん→熊本)
おまけに三人とも同年代
(川口さん→1974年生・吉田さん1973年生・余宮さん→1972年生)

お三方とも奥様とふたりで車にたくさんの荷物を積んで遠く長野まで来て、
そしてまた遠く九州まで帰って行き、そしてまた普通に日々作品を作り出す。

直接作家の顔が見える「クラフトフェア」は、だから楽しい。


余談:20代の頃から器には興味があった。
でも気づけば年下の作家さんが多いことに軽くショックを覚える・・・。
確か、柏崎在住の陶芸家S氏も年下・・・・見えないけど・・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-06-08 17:51 | 旅行