おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

カテゴリ:旅行( 48 )

日本のお腹と背中

f0131535_22131829.jpg
全国的に大荒れらしい(ニュース見てないのでよくわかりませんが)連休ですが
皆様いかがお過ごしですか?
我が家は一泊二日の旅を終え、無事戻りました。
短い時間の割には大満足、いろんな意味でお腹いっぱいな二日間でした。

ただ帰りは、関東方面から調子よく出発したのはよかったのですが、
長野からはまさかの本格的な雪で、全面50キロ規制!?

日本のお腹、昼間の関東では汗ばむ陽気で気温も23度だったのが、
横断途中の長野付近はなんと!―1度!?(-.-)

高低差24度?!

背中の上越は雨すら降っていませんでしたけどね。

旅行内容は、またゆっくりご報告いたします・・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-03-21 22:23 | 旅行

とおかまち てづくり市 その1

11月8日(日)晴れ、「とおかまちてづくり市」に、スミレ屋2号ゆりちゃんと行ってきました。
心強い案内人は十日町在住ジローさん(女子)。

最近の大規模クラフトフェアは人手だけでなく出店数も多く見て回るだけで疲れてしまう。
それよりはちょっとこじんまりした感じで期待大。
もちろんHPでの事前チェックにも余念のないアタクシですが
当日はまさかの物欲大爆発!でございましたの^^;)

え~と、まずはお口に入る物編でございます。
f0131535_1115685.jpg
真ん中上のコーヒーは、帰りにジローさんに連れてってもらった
自家焙煎珈琲 ミールクラフト」のコーヒー。
右に回って、「ネムリヤべーカリー」のベーグル。
下の真ん中は「やきがしやPitu」のクッキー。
左上2種が、アロマやハーブのお店「hana*kiku」のハーブティー。

「やきがしやpitu」のお菓子は、甘味がてんさい糖やメープルシュガーの柔らかい甘み、
材料が大豆や玄米粉とかいった、まぁなんとも素朴でお上品なお味。
こういうのってたくさんいらないのよね。ちょっとで満足。
ガッツリ甘いのやジャンキーな物も好きだけど、やっぱ別格で好きだねこういうの。

ほいでもって、今回気になったお店は数あれどはまったのが
燕市から出店の「家具工房Crearef0131535_1111254.jpg

左)鍋敷き
右)カフェボン
微妙~につけられたアールと手触りがサイコー!

ウォールナットなので実物はもう少し濃いめの色です。
f0131535_1112966.jpg

カフェボン
こんな風にコースター風や、おつまみのトレイにもいいかもね。

かわいい卵型もあったけどやっぱ四角好き。
f0131535_22152882.jpg木工がね、好きなんです。このブログの左上の写真の木のスプーン。私が初めて作ったものなの。もちろん趣味です。でも「バンドソー」とか言う、いかつい機械と一緒にお嫁に来ましたのよ。上越に来たら雪の降る日は黙々と木を削る・・・・と思っていたのだけれど・・・・ね。だから久しぶりに大興奮です。Creareさん、デザインも好み。農作業小屋を改装して造った工房は、一階が作業場で、二階はギャラリーになっているんだと。HPのいっちばん下までスクロールすると、お店にもいらしたデザイナーの木原さん(可愛い)の愛犬、ゴールデンウィリーの写真がある。ここが最大の萌えポイント。ぜひともウィリーくんの出勤日に遊びに行きたいわ、燕まで!

ほいでもってはまり第二弾が、新潟市から出店の本間印鋪、はんこ屋さんです。

f0131535_1124226.jpgf0131535_11316.jpg
並みのはんこ屋じゃない。創業明治33年(1900年)。坊主頭の四代目がいいんだ。古い物をきちんと大切にしながら、しっかり今時のセンスとアイディアがそこかしこに。お店のディスプレイや印刷物も丁寧に工夫されていて、小さいお店ながら店主の人柄もあってか、お客さんひっきりなし。四代目のブログ、熱いよ!
あれもこれも欲しくて、迷いに迷って買ったありんこのはんこ。f0131535_112179.jpg
虫系は嫌いなんだけどね、どうしても行進させてみたくって。夫はありんこのケンカを押してたよ。
仕事用のおところはんこを作ってほしい。新潟市の古町にお店がある。古町って気になる店が目白押しだ。

あー今思い出しても楽しかった。
相変わらず長いよね^^;)
HPやブログとか、書きながらあっちこっち飛んでは
寄り道ばっかなので、なかなか進まない。
・・・・・のでその2に続くのだ。
(まだ?!とか言わないように)
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-10 11:14 | 旅行

うなぎの国とお米の国 [番外編]

今回久々の再会を楽しみにしていたのが、浜松時代の仕事仲間5人。
同じ会社な訳でもないのに、毎日毎日ホントに毎日のように会っていた。
親戚って言うか兄弟みたい。f0131535_12121098.jpg
その中でも今回の注目株は、このおふた方!

M松家夫と愛娘夏希(1歳3ヶ月)
M松家の妻とは15,6年のおつきあい。写真の夫とももう10年以上だっけ?私が上越に来てからなっちゃんが産まれた。
鏡を見る回数は妻より確実に多いおしゃれさんな夫。服飾品の数は妻の倍以上なのを私は知っているぜ。そんな自分大好きだった夫が娘を膝に抱き、ご飯を食べさせ、靴をはかせている姿にアタイは感動した。お風呂も夫がいれているという。シンジラレナイ・・・・
おっとりマイペースな妻は相変わらずだが、片手で小脇に娘を抱える姿はすっかり母の様相。
私の愛情は非常にかたよっていると思われる。
人間でも動物でもかわいい奴らはもれなくかまいたい
もし私がまだ浜松にいたら・・・妻の妊娠中はご飯を作り、買い物につきあい、準備は万全。
きっと出産にも立ち会う勢いで、友人たちとドキュメンタリー映像でも作ったに違いない。
きっと離乳食とかも研究して配達しただろう。
今自宅を建築中のM松家。
そこでももれなくアレコレおせっかいを焼いたに違いない。
妻も妊娠中や出産後「Tomokoさんが近くにいたらな~」とよくつぶやいていた。
内容は「あれもしてもらえたのに、これもしてもらえたのにな~」だったが。

このブログはそもそも、浜松と上越に離れてしまった友人たちに
近況報告のつもりで書き始めたのだけれど、
「楽しそうに生活してるTomokoさんを見ると安心するけど、
でもすっかり上越の人になっている姿を見るとちょっと淋しい」とか、
時々妻は可愛いことを言う。

上越にきてからというもの、お陰様で楽しい人達との出会いに恵まれ
第二の人生を謳歌していると思われる。
でも前述のうようにかたよった愛情ゆえ、
自分の手の届かないところで好きな人たちが成長していくのを見ていると、
やっぱ同じくちょびっと淋しさを感じたりするのだよ。
だって予定ではなっちゃんは誰よりも私になついている予定だったのに・・・クスン。

人生折り返し地点を過ぎると色々出会いや別れがあるもので。
でも遠くに離れたから一緒にご飯食べたりお茶飲んだりする時間は減っても、
それぞれに変化・成長している姿を見せあえるってこともあるのだ。
別れじゃないからね、遠くにいるだけで好きは変わらない。

私が浜松にいたら・・・
5人の中で唯一独身のカオリンの婚活に大きなお世話を焼いただろう。
でもそのありあまるエネルギーとお節介は、相変わらず上越でも発揮しているよ。

今仲良くしてもらってる上越のお友達もいつか遠いところに離れ離れになるかもね。
でもそれも同じこと。

私が県外移住組だからか?
こちらに来てから、何人かの県外移住マダムに偶然お会いした。
私がたくさんの優しい人達に受け入れてもらって、自分の居所を確保したように
マダム達にも上越を好きになってもらえたらなーと、
またもや大きなお世話の虫が騒いだりする。

夫と出会い、夫が生まれ育った上越に骨を埋める覚悟で来た私の
ここでの役割は、さて一体なんでしょうね?


浜松で久しぶりのご対面だったもうおふた方。
f0131535_12123517.jpg
私には実家以外にほぼ実家のような家が一軒ある。そのほぼ実の娘たちミルクとイチゴ。
二人合わせてイチゴミルクという、今時吉本でも見かけないネーミング。6歳まで蝶よ花よで育った一人娘のミルク(左)。人生はそう甘い物でなく、ある日突然とんでもなく暴れん坊な台風娘が妹として現われるという悲劇に見舞われていたのである^^;)。
f0131535_12125254.jpg先天性の病気から、まだ生後7か月で既に2度の大手術を経験してしまったイチゴ。今では瀕死状態だったとは到底思えないやんちゃぶり。あんたがほぼ実の子になった使命はアラウンド古希のパパの手を焼かせ、長生きしてこの暴れん坊の面倒を見なくっちゃ!と思わせることですわよ。おわかり?

3キロしかないイチゴをたくさん抱っこしたせいか、家に帰ってチビンチョさんが妙に重く感じる今日この頃・・・・・・・・・・気のせいではなかった・・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-09 12:29 | 旅行

うなぎの国とお米の国 [美味しい物編]

今日あたりに旅行の疲れが出てくるってーのは、まさか年齢のせいでしょうか?
ちがうよねっ!っね!

上越に戻った翌日の朝、体重は100gマイナスだった。
ヒャッホー!と喜んでいたら翌日800グラム増えていた・・・・なぜ?

しかし「うなぎ」に始まり、それはそれは「よく食べた旅」でしたよ。
(いつもじゃんとか言わないよーに)
そしてうなぎの国からお持ち帰りしたもの達。f0131535_14535042.jpgまずは定番「釜あげシラス・海苔・干し桜エビ」今回は浜名湖じゃなくて福田港産。福田港から水揚げされて30分後には釜あげにされるという新鮮さ。ふわふわシラスは駿河湾ならでは!炊き立てご飯においしい生卵とシラスをドッチャリON!あー、もうたまらんおいしさよ^^♪海苔と桜エビもオハキナ家では、なくてはならない定番品です。これでしばらく一安心。

で、お土産にもらった「三ケ日みかん」に甘柿の王様「治郎柿」です。f0131535_15171819.jpg上越に来たばかりの頃、木に生るオレンジの実を見て「なんだ上越でもみかんが生るのね~」と思ったらそれはみんな柿の木だった。(よく見ろよ)こっちじゃ珍しくもない柿ですが、この四角い治郎柿見たことあります?お茶で有名な遠州森町が原産の甘柿。お茶農家を営む友達の母が持たせてくれましたの。そして上越じゃ家の軒先に柿の木があるけれど、同じくらいの率で浜松の家にはみかんの木がありますのよ。浜名湖SA付近から突如現れる三ケ日のミカン畑風景に、お茶畑同様夫驚いてましたもの。子供の頃から手が黄色くなるほど食べた三ケ日みかんちゃん♪これは実の母が持たせてくれました^^


でもって買い物に行ったデパ地下で超懐かしい物発見!
竹茗堂の「うす茶あられ」
f0131535_1515364.jpgお米の国育ちの皆様ご存じ?静岡県民ならだれでも知っている定番の飲み物なのだ。カルピスと肩を並べる「薄めて飲む」楽しいお飲物♪要するにお砂糖の入った苦くない抹茶みたいなもので、アイスでもホットでもOKなのよ^^大人になって飲むと思っていたよりも普通なんだけど、子供の頃はホント美味しかったな。

そして上越に帰ってみると、夫のお友達が採ってきてくれた天然の立派なキノコが届いてた。f0131535_15185739.jpg冷え込んだこの日の夜、早速お鍋で頂きました。少し前には「ムキ茸」という珍しいキノコを届けてくれたこのお友達。毎年春は山菜、秋はキノコとなかなかワイルドに山歩きができる生活力のある47歳独身!
えーとお嫁さんになりたいという方、オハキナ家までご一報くださいな。
お節介夫婦がお世話いたしまする♪

キノコや山菜は静岡でも採れるけど、でも新潟の比じゃないと思うのよ。
雪解け後の一斉に芽吹く山菜のエネルギーはやっぱ雪国ならでは。
おまけにやっぱ夫の作ったお米が一番おいしい!

「うなぎの国」で生まれ育ち、「お米の国」に嫁いで早3年目。
両方の美味しい物を堪能できる幸せをより実感した、今回の小トリップでした^^


そして
うなぎの国とお米の国 [番外編]につづく・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-06 21:19 | 旅行

うなぎの国とお米の国 [風景編]

f0131535_13314673.jpg
帰りの道中、朝霧高原付近の富士山。
富士川SAでは雲に覆われていたのがグルっと横に廻り込んでいくと
見事に姿を現してくれました^^
2年前の2月、
まっ正面からこの巨大な富士山を見た新潟県民の夫は相当興奮していたけれど
元静岡県民も、久しぶりの近くで見る雄大な富士山はやっぱりワクワク興奮するのだ。
f0131535_13483911.jpgf0131535_13464329.jpg
この時期の上越と浜松、気温的にもそれほど差はないから変わらないと思っていたけれど
やっぱり太平洋側は日差しが強かった。
空もくっきり青くて湿気が少ないしね。
なんてったって今の時期の浜松市民の「半袖率」圧倒的に高いですもの、驚きよ!
今回は寒くなると見込んで冬支度で挑んだ奥様、脱いだり着たり大変でしたの。

右は夫が浜松に来て一番驚いた一面の茶畑風景。
そりゃ上越にはない風景ですからね。
富士山周りで帰ってくると山の斜面は見事な茶畑風景が続きます。

今回、行きは新潟→長野→愛知→静岡ルート
帰りは東へ上り、静岡→山梨→長野→新潟ルート

天気にも恵まれ、おまけに紅葉シーズン。
富士ICで東名を降り、中央自動車道の甲府南ICまでの間は
朝霧高原や本栖湖・精進湖といった緑が目にも鮮やかなドライブコース。
静岡県民にはおなじみの「まかいの牧場」や
「朝霧高原グリンパーク」とか、魅惑の乳製品の誘惑が続くのよ。
美味しい物の宝庫「朝霧高原 道の駅」に寄らなかった(夫が寄ってくれなかった)
ことだけが悔やまれる・・・。

山梨から長野では、標高の高い辺りは赤や黄色の木々が本当に美しく色づいていて
「あっ、あそこスゴイ赤!あっ、すごいイチョウ!イチョウ!イチョウ!」と
運転手に口で説明する表現力がとぼしい私。アー忙しかった。

ところが、黒姫のあたりに差し掛かったころ・・・・・・









f0131535_13363773.jpg雪積もってるよ
おいっ!

(・ω・ノ)ノ!!
車内大パニック!(私ひとり)
妙高あたりまで真白!さすがに上越の平地は雪こそ降っていなかったけれど、出かけたときとは大違いの寒さでしたわよ。平地でも朝のうちあられが降ったとか・・・・

上越市民となり早2年と9ケ月。
3回目の冬を迎えようとしている、雪のない「うなぎの国」生まれのアタクシ。
両方の楽しさや美味しさ、両方の友人たちの面白さを実感している今日この頃である。


うなぎの国とお米の国 [美味しい物編]へつづく・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-04 13:57 | 旅行

帰ります!

今日昼前に浜松を出発する予定。
昨日も一日見事に食べ尽す旅となりました^^;)
食べ過ぎてますのでお恥ずかしくて詳細はお知らせできない・・・

しかし新潟、雪!?
まぁ積もるほどではないと思うけれど
なるべく早めに帰らなきゃだわ!

でもその前に福田港でシラス買って~
富士川サービスエリアで桜海老のかき揚げ・・・・・・
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-03 08:15 | 旅行

りんごロードとどんぐり

f0131535_20124957.jpg
先週日曜、信濃町にりんごを買いに行ってきました。
今年2月、長野県飯綱町で循環農法を提唱する赤峰勝人さんという方の講演会があり
その帰りに18号線沿いの「日の丸や」というりんごの直売所で
自宅用のりんごをたんまり買ってきたのです。
美味しかったのはもちろんですが、そこのお母さんがニコニコ大変感じが良い!
これ、オハキナ家重要です!
良い物をニコニコ気持ちよく販売するお店を応援していますよ、うちは!(なぜか力説)

なので今年も自宅用とお土産用に・・・・ f0131535_13181579.jpg


約3~4キロ入り袋×7=約21~28キロ
どう考えても買いすぎだろ^^;)
しかし我が夫、男性には珍しく野菜&果物好きなおぢさんです。
去年も痛む前にしっかり消費。
駐車場から家に上がる涼しい倉庫がりんごのよい香りでいっぱいです^^



■産地直売 日の丸や
長野県上水内郡信濃町大字大井1683‐1
Tel(026)255-2657

そういえば前回飯綱町に行ったとき、何件か素敵なお店に寄ったのですが
その時の記事さかのぼってみても・・・・ないじゃん!?
途中まで書いたところでお蔵入りになっていました^^;)
近々記憶をたどりながら備忘録として復活させますわ、えへへ^^;)
(他にもたくさんあるけどね~)


帰りに野尻湖へ寄り道。f0131535_13235723.jpgf0131535_13284831.jpg

                                    お天気は曇り空でしたが紅葉も色づきはじめていて湖の周りは
気持のよいドライブコース。

そして寄り道とか言っておきながら、もう一つの目的地 野尻湖ホテルエルボスコ
f0131535_13523172.jpgf0131535_13532934.jpg
f0131535_13551134.jpg元は84年に開業の「野尻湖プリンスホテル」昨年4月にリニューアルしたモダンテイストなホテルです。お天気が良ければカフェから見える湖がキラキラしてきれいですよ、きっと。HPのTopページではロビーを入った一面のガラスに映る新緑が今は赤く紅葉している。フロントの床が空中に浮かぶ雰囲気でなかなか見事!お庭はガーデンデザイナーのポール・スミザー氏が手がけているんですと。
プリンスが経営不振から手放すこととなり 「AGORA HOSPITARITIES」 という会社によってリニューアルされたのだとか。この「AGORA HOSPITARITIES」、「コンセプト指向型」のホテル経営、再生をしている会社とか、う~んイマイチよくわからないけれど、社長である浅生亜也さんは私より2歳年下の41歳。プロフィールは何んとも興味深い。会社の実情はよく知らないが「チャイルドセンシス」など「おっ?」と思う企画が多い(あくまでも私がですがね)浜松の犬一郎さん、これあなたがやろうとしていたことですよ。それにしても同世代で活躍している女性のブログはとてもとても刺激的であるね。おまけにアタクシ20代~30代の頃「ホテルジャンキー」だった時代があり、そんな古い血が少々うずくんだなこれが。話がずいぶん横道にそれましたが、要は次回はお泊りに行きたいですということ!



さてこの記事書くのにチマチマ書き足して、はや三日目、とほほ。
な訳で明日から、8か月ぶりの「ウナギの国」へいって参ります。
直前になり、まさかの6歳姪、新型インフルエンザ陽性反応!
さていったいどうなる事やら・・・
道中携帯から嫌がらせのように「美味しい物画像」更新予定!

本日のお別れは・・・蔦(ツタ)がつたう姿に悶絶してしまうマニアなあなたへ♪
f0131535_23522087.jpg
ホテルエルボスコ 駐車場横の建物。。。
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-10-29 20:31 | 旅行

クラフトフェアまつもと 2009

一週間前になりますが、今年も「松本クラフトフェア」に行ってきました。
5月30日(土),31日(日)のうち今年は日曜日に参戦。(去年の様子→こちら

今年のお目当ては木のトレーと、陶器の小鉢、ガラスの器
気にいればポットってとこですの。
何をするにもどこに行くにも、行き当たりばったりのできないあたくしは
もちろん前日までに出店者のチェックもしたに決まってる!

女四人、早朝7時集合!当日の上越地方は雨模様。
県境を越える辺りから晴れるんじゃなかろうか、という大方の予想を裏切り結局一日中雨。
傘を持ったままの不自由な格好での物色に、
戦闘態勢がしぼんでいく根性ナシはアタクシですぽ。

おまけに入口からいきなりの敗北感。
去年は目の前で飛ぶように売れていった「きこりの店」の木のトレー。
削りだした裸のトレーにその場でクルミのオイルを塗ってくれていた。
昨年はあまりの勢いに圧倒されていたので、今年は買う気満々でしたが
残念ながら土曜日ですべて完売ですと・・・・とほほ。

f0131535_1856597.jpg


吹きガラスの鈴木努さん

昨年は気にいった片口があったのですが、何せ初心者だったのでぐるっと回って後で買いに来よ~なんて呑気に思っていたら見事になくなっていた。
紫のようなブラウンのような豆絞りシリーズに惹かれます。
今年はこれぞと言うものには出会えなかったので、お楽しみはまた来年。

f0131535_1952812.jpg同じくガラス作家の末國清吉さん、広島の方です。
昨年は展示ブースのすぐ前に、水があふれるトラブルがあったのに
特別困る風でもない雰囲気がなんともおかしかったのを覚えています。

末國さんのガラスはガラスの透明度が高い。って言い方であってるのかな?
結構なボリュームで力強い雰囲気もあるのに繊細。ちょっと気になる。

昨年とほぼおなじ、ちょっと隅の方にひっそりと。
f0131535_163414.jpg


これなんだったかな~?確か中を覗くと照明器具が入っていたような(うろ覚え)・・・。でもこんな穴があるとさ、つい覗きたくなるよね♪
犬用の覗き穴がある辺りの遊び心が好きだ^^

でもトイレと間違える人多数。
覗けちゃダメだろ。

去年も見た線画のお皿。今年は蓋物が色々あったな。相変わらずの人気。
f0131535_1634321.jpg


f0131535_163458100.jpg
今回このブースが一番うろうろ悩んだところ。
佐賀在住の川口武亮(かわぐちたけりょう)さん。今年が初参加らしい。

ポットと小鉢。結構どんぴしゃっぽいのがあったんだけど、他にも気になるお皿や器がありすぎて目移りして決められない。ダメだこりゃ!?今年はあきらめる。決められないってことは「コレ!」っていうことじゃないのだ。

来年も出展してるといいな。
f0131535_16352063.jpg

f0131535_16353955.jpg

f0131535_16361088.jpgf0131535_16362979.jpg
f0131535_16365012.jpgf0131535_1637926.jpg
f0131535_16373038.jpg
建物内何度見てもすてき。

今年で2回目のまつもとクラフトフェア、雨で戦意喪失とは言えやっと少し傾向がわかってきた感じ。来年はまた違った視線で楽しめそうだけど、規模が大きいだけに人の多さで疲れてしまうのが私的に3度目を少しだけ迷うところなり。結局のところやっぱり器が好きなので益子や土器の陶器市にも行ってみたい。近場のもっと小規模なクラフトフェアなんかもけっこうあるんだね。
しかし何にせよ、天気はイイに限るよ!^^;)

[PR]
by kinakotoohagi | 2009-06-07 08:06 | 旅行

愛しの油揚げ

昨日は夫婦揃って軽~く体調不良。
風邪のひき始めと思われ、早く寝ましたよ、10時にね。
今朝は寝過ぎて腰が痛かった私です^^;)

ここのところ休みのたび結構出かけることが多いオハキナ家。
それには訳があるのだ。

ご存知のようにうちの夫は、自他共に認める「お出かけ好き」である。
私は家にこもっていてもまったく飽きない、ヒキコモリ族の家好きですが、
先日もまた「どっか出かけよー」というので
「ホント好きだね~」と言うと、「だって出かけられるのも今のうちだよ」と・・・・

そうなんです、もうすぐ3月、そして4月になれば畑や田んぼの準備が始まり
週末は家の仕事に忙殺されるようになり、秋までは遊びに行くどころではないのです!
遊べるのも残り一ヶ月!?と気づき、即出かけましたの!

今回は兼ねてより食べて行ってみたかった長岡市の栃尾。
さすがに内陸部だけあって、雪も「こんもり」積もっていてなんだか空気もシットリです。
f0131535_1718473.jpg




立派なつらら。

暖かいので雪が解け始め、つららの先から水滴がポチョポチョ。
その音はさながら雪解けの春の雰囲気です。
栃尾と言えばやっぱあの分厚い油揚げ
そもそも「油揚げ好き女」です。
スーパーでも普通に「栃尾の油揚げ」って売ってますが、
どうやらほんまもんの味は全然違うらしい。
おまけに揚げたてをお醤油かけてその場で食べられるとな!!!
新潟県人になった頃から「気になるものトップスリー!」だったのである。
(だからって、じゃあ残りのふたつは?とか聞かないように。)

でもねお昼食べようにも日曜日にも拘らず、栃尾の街中お店が開いてませんの。
まるでシャッター街な雰囲気。
でも古い趣きある建物も多くて、
高田よりも規模は小さいけれど、ところどころに雁木もありました。

で、まずは油揚げ屋さんへ。
軒先で開いたガラス窓からおばちゃんが売ってくれる
いかにも昔ながらの町の豆腐屋さんといった風情のお店です。
お土産用の油揚げ購入。
おばちゃんに近くの「油揚げも食べられる美味しいお店」を教えてもらいGO!f0131535_17374940.jpg

店内に飾られた、今時の美しいお雛様。
なんだかお雛様って、一気に春の気分になり、見ているだけで幸せな気持ちになりますわね~。
f0131535_17401123.jpg
おから入りシュウマイに始まり、おからの煮物がとっても美味しい。
でもって一番おいしかったのが、この「おからのコロッケ」甘くてサクサク。
ソースは豆腐のタルタルソースでこれまた美味しい。
ってどこにも「油揚げ」出てこないじゃんね~って^^;)
出てきたんですけどね、コロッケの衝撃があまりにも大きくてさ^^;)

でもって、ドドンッ!f0131535_185957.jpg
道の駅にて、まさに揚げたてにお醤油、かつお節の香りと揚げたての香ばしい香りに、そりゃ写真もブレルってもんだ!
あまりの美味しさに半分以上食べてからの記念撮影。
お昼食べた直後で食べられないかも~と思っていたのに、見た瞬間「食べる!」とつぶやいたのは私です。
スーパーに売ってる「栃尾の油揚げ」とは比べ物にならん!
あんなスカスカしたの、もう食べられないよ~。
本物は皮も柔らかく、中も超高密度!

は~満足満足♪
帰りは、上越にはない、懐かしのBIGショッピングセンター(リバーサイド千秋)にも目もくれず、帰りましたの。
だってその後Tanneに寄る予定だったんですもの、うふ♪

f0131535_18221814.jpg週末のTnneは、珍しく賑やかです。
近くでお祭りがあったらしく、近所のおじちゃんおばちゃんでいっぱい^^
Cafe好きなお洒落さんだけじゃなく、地元民にもしっかり溶け込んで愛されているあたり
店主アラキさんの親しみやすさと人柄だ。

少し前に長野市と、先々週は飯綱町(長野県)に行ったときにも
素敵なお店や素敵な女性に出会いました。
書いてあるんだけどね、途中までは・・・・^^;)
昼間の更新がんばろっと!

今日も長いぜ!(だから時間かかって、なかなか更新できなかったりもする)

さてと今日のご飯は加齢の・・・・違う!?^^;)
カレイの煮付けに栃尾で買ってきた立派なマイタケちゃんのソテーです。
油揚げはもう食べちゃった。
真中にネギ味噌はさんで、外側カリカリにあぶって食べるとまさに絶品。
また買いに行きたいのだ!

お腹すいたよ・・・・・ほいではチャオ♪(。・ω・。)/
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-02-25 18:42 | 旅行

くらふとの森

f0131535_10301756.jpg
我が家のほうれん草ちゃん。
と言っても、混み混みの満員電車状態を成長途中で間引きした葉。一丁前にほうれん草らしき形はしている。
自分ちで育てた子は、こんな葉っぱでも丁寧に頂くのだ。
フレッシュ朝づみほうれん草♪

さてちょうど一週間前の話。
とうとう、クラフトフェアまつもとに行くことができました。
昨年は急用で直前に行けなくなり、今回念願の初参戦。
確かもう20年以上続いているのよね?
f0131535_10502448.jpgf0131535_105144.jpg
クラフトフェアまつもとの開催地 「あがたの森公園」
高校の跡地で、モダンな木造校舎が今も残されています。
ここの良いところは、遠くに山が望める広々とした芝生たっぷりの公園に
作家さんたちの自由な作品が、まさに自由にのびのび拡がっているところ。
あまりにもたくさんの出店数と人で疲れますが^^;)
でもこれが自然の中のなのでそれなりの味となる。

f0131535_1053443.jpgf0131535_10532340.jpg
f0131535_10535939.jpgf0131535_10542175.jpg
日本各地にクラフトフェアはあるが、中でも松本は一番人気じゃなかろうか。
応募が多くて、作家さんもなかなか参加できないんだとか。
なのでレベルもそれなりに高いらしい。
雑誌にもよく掲載される有名な方も多いとか。
木工で有名な三谷龍二さんのブースは残念ながら見つけられなかった。
別便組のヒヨコ番長は、「LEE」やステオク系雑誌でもよく目にする
伊藤まさこさんや飛田和緒さんを目撃したらしい。

f0131535_10552147.jpgf0131535_10553956.jpg
展示なんだか在庫なんだか良くわからない程自由な陳列。右の箱入り羊は体長3センチくらいかな?めっさかわいくて玄関にでもチョコンと飾りたかったのだけれど
そんなもの奴らの格好の餌食なのでやめといた。。。。(夫撮影)

f0131535_10564934.jpgf0131535_10582990.jpg








鍛冶屋さんの実演風景。ふいごでゴーゴー燃え盛る炎が強烈でしたが、もっと衝撃的だったのが女性がトンテンカンテン、真っ赤に焼けた鉄を打っていた!?とてもキュートな女の子でしたが、真剣なまなざしがなんとも美しかったわい。


公園内のお食事系ブースはどこも満員だったので昼食は後回しで散策。
足の疲れもお腹の減り具合も良い加減になってきたので
約三時間楽しんだクラフトフェアを後にし、いざ中町へ。。。。

しかし木工・ 陶磁器・ 皮革・ ガラス・ 染織・ 金属等
世の中にはこれ程多くの、物を作る人たちがいるのかと圧倒された。
特に今回驚いたのは、羊毛や織物用の糸等、かなりマニアックな材料などを
販売しているブースとそれを買い求めている人の多いこと。
それほど織物文化が流行っているのか?それとも本職の方?

それから個性的でおしゃれな方達の多かったこと!
ここには載せられないけれど、素敵な髪型やお洋服の女性、
おしゃれなファミリーなどの隠し撮り(!?)もたくさんしましたの。
それにしても、やっぱ雑誌「ナチュリラ」に出てきそうな人が多かったな。
雅姫さんや内田彩仍さんもどきの人たちがいっぱい^^;)
リネンワンピースにレースのペチパン+ルーズ系ソックス+オーロラシューズは
みんなしめし合わせてますか的な勢い。。。。
そうそう、『DEAN&DELUCA』のエコバックも何人見かけたかしら?なぜ?

あと多かったのが。。。。。ぐふふ。。。。。いぬ♪

中町散策と犬ネタは明日に続くのである~♪
(ホントに明日かどうかはわからない~るるる~)
[PR]
by kinakotoohagi | 2008-05-31 17:50 | 旅行