おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

はじめてのブルーベリー狩り

f0131535_16293173.jpg
金曜日、夫の研修視察に便乗して信濃町のkawasunブルーベリー園
初めてのブルーベリー狩りをしてきました。

ブルーベリー食べ放題って言ってもさ、そうそう食べれるもんじゃありませんよ。
ましてや、灼熱の炎天下(汗)
お持ち帰り用を収穫し、早々に日陰でブルーベリーアイス、おいちぃ♪

我が家も今年ブルーベリー植えたけど
種類によって味や粒の大きさの違い、栽培適地、皮の厚みとか色々あるのね。
ここの農園は、「ブルーベリーは自然の機能性食品」というこだわりから
肥料は一切いれず、消毒も収穫の終わる8月の終わりに一度だけとのこと。
果樹は虫にやられやすいことから、頻繁に農薬を使用することは知っていたけど
皮ごと食べるブドウやブルーベリーは特に気になるもんね。

ついさっき、ジャムというよりはソース濃度に近いサラッと系ジャムを作ってみたけど
味が濃い上に適度に酸味もあり、大変良いお味に出来上がりましたわよ。
再来年辺りには自家栽培ブルーベリージャムできるかな?
実は今年、ブラックベリーといちじくも植えた。
着々とちっこい果樹園計画が進むおはきな家なのです。

覚書:ブルーベリー約400gで瓶2本半分のジャム。(砂糖:甜菜糖50%)

一級建築士からブルーベリー農家へ転身したオーナーさんの
ほんわかキャラクターも、いい味出してます^^

f0131535_17212385.jpg

お昼にはおそばを頂き、その後は飯綱町のSt.Cousair サンクゼールへ。

確かこのガーデンテラスは犬連れOK。この日は暑さでジェラートもあっという間に溶ける日差し。少し涼しくなったらポン助さん連れて遊びにこよう。
ちょっと非日常を楽しむにはもってこいの空間。


この日ショップで買ったちょっと気になるジャム、帰ってきて調べたらものすごく気になるジャムになってしまった。そのお話はまた次回・・・(確か富山の話も途中でしたね)

この日は平均年齢、楽々70歳オーバーのご近所ツアー。
隣の席の82歳のおじいちゃんと仲良くなった、暑い1日でした。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-07-29 18:18 | その他

夏のアレコレと四十九日

f0131535_1593664.jpg
畑にて、直径1.5㎝の落花生の花にとまるチビバッタ。
注意:後半にカエル写真有り

やっと暑さに体が慣れてきたワタクシですが、皆さんいかがお過ごしですか?
昨日までは帰省の疲れと暑さでグダグダ、すっかり人間らしさを失っておりましたが
今日は湿度の少ないカラッとした暑さで、やっと2012年夏のはじまりといったところ・・・。


父の四十九日も無事終わり、上越に帰って参りました。
しかし夏休みに新幹線で移動なんてするもんじゃありません!
とにかく人が多いので駅の構内も新幹線の中の移動も常にコロコロを持って歩く。
コロコロできないコロコロ・・・・。
おまけに「はくたか」が大雨で遅れたせいで、コロコロ持ちで小走りとか、
帰りの電車も当然ほぼ満席で、
疲れた体にお子様たちの雄叫びがこたえるったらありゃしない!?

でも子供の頃以来久しぶりに会ういとこや、
父は兄弟が多かったので、ほぼはじめましてのいとこに会ったりで、
懐かしい話ができて、とても楽しかった。
血の繋がりってスゴイのね、「そこはかとなく」いとこ同士でシルエッットがそっくりだったり、
声が似てたり、輪郭がそっくりだったり、新鮮な驚き。
父はいなくても、血の繋がりってやっぱ脈々と生きているのね、と実感。


暑さのピークと共に、畑はそろそろ夏野菜が最盛期。
今年のトマトはA型とーさんがしっかり摘花しているせいで
ビックリするほど大きくて美しくて、美味しい(らしい)。
一雨ごとに夏野菜がグングン立派になっていくと同時に雑草も・・・・。
いいかげんサツマイモを雑草畑から救出してやらねば陽があたらないよ^^;)

そんな、この季節の畑はカエル天国
ズッキーニの花の中にも、変態中なのか?ちょっと色の変わったカエル殿が・・・・。
f0131535_1512177.jpg
明日は長野方面へ、美味しい視察研修です^^
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-07-26 16:14 | その他

猫の腎不全

f0131535_17482685.jpg
わたくし昨日は朝から皮膚科へ。
前日虫に刺されたアゴの下が、朝起きたらビックリ!随分立派な二重アゴとなり
『コブトリ爺さん』みたいに腫れていた。
年に数回あるんだな、こういうこと。

実はここのところオハキナ家、ちょっとばかし病院づいている。
少し前からちょっと痩せたチビンチョさん。
おかしいなーと思って血液検査をしたところ『腎機能不全』との診断。
現在投薬&注射&モロモロ治療中・・・・。
f0131535_1829658.jpg
焦って色々調べている私の横でご本人はこんな感じでして、とっても邪魔なのね。
まぁさしあたってどこかが痛いわけじゃないものですから^^;)傍若無人猫。
どこが痩せた?ってツッコミはナシでよろしく。

それにしても、飼い主大失態の猛反省!?
症状が出るころには随分と進行してるのが猫の腎不全らしいのですが
8歳という年齢的に、去年あたりから定期検査しておくべきだった。

痩せたことで一番に心配したのは猫エイズ白血病
でもその二つは即日結果が出て陰性だったので
安心していた矢先、後日検査結果が届いて飼い主唖然茫然だったわけです。

とにかくしばらくは大っ嫌いな病院通いのチビンチョさん。
明日からかーさんは3日ほどお留守にしますけど
とーさんの言う事聞いて、ちゃんとお薬飲んで、たくさんお水飲んでくださいね!

【教訓】
人間も毛深い人達も、
早めの健康診断忘れずに!



そしてその頃黒犬さんは・・・・・
お散歩あとの扇風機タイムで大変ゴキゲンなご様子です^^;)
f0131535_18502549.jpg

[PR]
by kinakotoohagi | 2012-07-20 18:57 | neko話

おうちでカキ氷

f0131535_14291668.jpg
将来はカキ氷屋さんになりたい私
ついに今年は『カキ氷マスィーン!』を買いましたよ。
家庭用だけどね。
毎日おうちでカキ氷屋さん開業中~♪

7月の初旬頃、ニヤニヤしたくてカキ氷シロップのレシピ本を買って読んでたら
横からのぞく夫殿・・・・

『マスィーン買ってよし!っつーか、すぐ買え!すぐ作れ』と。

なので、早速基本のシロップと練乳を作ってみた。
練乳はね、ミルキーの液体版って感じで最後にスプーンをペロって舐めると
ジワワーンと幸せなのだ。

この日は頂き物の桃があったので
基本のシロップ(きほんちゃん)と生の桃トッピングに練乳ON!
次回は桃シロップに挑戦だ!

基本的に甘いもの好き夫婦、
今年は『アイスの食べ過ぎ防止』という名目のカキ氷、のはずですが
既に本末転倒の気配濃厚・・・・。

夫婦そろって枕元にカキ氷本ってどうなの?

それにしても、カキ氷の写真ってむずかしいわ。
溶けちゃうことと食べたい気持ちがフライング気味で、焦りっぱなしの45歳夏・・・・。
明日はあんずを買ってこよう♪
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-07-19 14:53 | その他

親を見送る年になってしまいました

すっかりご無沙汰しているうちに
どうやら梅雨も明けてしまったようですね、みな様どうもごきげんよう^^;)

この1ヶ月、事の大小は様々に色々とございまして
あれこれ書こうと思えど、1個詰まってしまうとなかなか先に進めぬこの性格。

まずはこれを書かねばね。

実は先月6月9日、実家の父が亡くなりました。
親が逝ってしまうという事は、いつかは来ることだとわかってはいても、
1番考えたくないことのひとつ。
ついに私も親を見送る年になってしまいました。

急に具合の悪くなってきた父のお見舞いに、6月10日に行く予定を
なんとなく1日早めて早朝準備している最中、危篤の連絡が入りました。
間に合わないかもしれないのは覚悟の上でとにかく急いで向うと
一度は呼吸が止まりそうになっていたのが、なんとか頑張ってくれて
私達が病院に到着して1時間後、静かに息を引き取りました。
意識はありませんでしたが、家族みんなに見守られ声をかけられながらの
穏やかな旅立ちでした。
もう痛いことも苦しいこともないかと思うと、それだけが救いです。


ここ何年もあっちこっちガタがきてはいたけれど、そうは言ってもまだまだ元気だった父ですが
急に弱ってきたのは昨年あたりから。
実家には1年に1度位しか帰れていなかったのが
『カタヅケの手伝い』という名目で、昨年の12月と今年の3月立て続けに帰省していたのは
ちょっとそんな気配があったからだったりします。

4月に自力で歩けなくなり入院。
その後、医療設備のある老人施設に転院した時
もう家には帰れないかもしれないと、覚悟しました。
その時が一番泣けたなー。

今更ながら、実家の浜松と、ここ上越は車なら5時間、
電車で最短の乗り継ぎでも3時間半の距離。
『実家が遠いと帰省も旅行気分でいいね~』とよく言われるが
結婚する時の最も悩んだことは、親の死に目に会えないかもしれないこと。
友人や家族の誰かが困っていてもすぐに助けに行ってあげられないこと。

もっと近くにいてあげられればと思ってもこればっかりは仕方がない。
自分で選んじゃったんだから。
夫との結婚を意識し始めた頃、父に聞いたことがある。
『ねぇ、私が遠くに嫁に行っちゃったらイヤ?』と聞くと
『別にお前がいいだったらいいよ~』と軽く即答した父。
本当はあれこれ思っていたのかなーと今更ながらに思うが、もう聞けない。

あ~ぁ、やっぱり長くなっちゃいました^^;)
お葬式以来、兄や母は色々とその後の手続きや何やらで忙しかったと思うが
私はこっちに帰ってくれば通常通りで、遺影を毎日見る訳でもなく
イマイチ父がいなくなっっちゃった実感がない。
でもこうやっていざ書くと、初めて色々思い出してしまってダメだね。
だからなかなか書けなかったんだ^^;)

そうそう長くなりついでに、『遺影』と言えば・・・
今回遺影に選んだ写真は5年前私の結婚式の時、当時3歳の姪が撮った父の写真でした。
兄のカメラをぶら下げてパシャパシャ写真を撮る姪に向かって、
ちょっととぼけた顔で両手でピースしている父。
目に入れても痛くない程、まさに父の『生きがい』だった孫娘に見せた顔が
嬉しそうに笑っていて、さすがにピース部分はカットですが、いい写真でした。

その孫娘が、病気が早くよくなるようにと折り紙で作ってくれたひも付きのお守りを
数珠の代わりに手に巻いて、お棺の底には家族全員からのメッセージを入れた。
大好物のウィスキーを、普通はお水を含ませる、
あの綿棒のお化けみたいなのにたっぷりふくませて
親戚全員で順番に飲ませてあげて、ちょっと笑った。
きれいな顔だった。
田舎みたいに近所の人達がお手伝いしくれるシステムのない都会の葬儀は忙しく
走り回っていた私は、会場のスタッフと間違われ2回もトイレの場所を聞かれた。
私の友達や仕事仲間が通夜にたくさん駆け付けてくれて
お父さんのお蔭で、本当に久しぶりに懐かしい人たちにも会えた。

急なことで色々大変だったけど、でもいいお葬式だったと思う。
今週末四十九日が終わったら、父のあの写真を、見える所に飾ろうと思う。

まずは身内ごとで恐縮ですが、ご報告まで・・・。


追伸:いい年をしてお恥ずかしゅうございますが^^;)
コメントを頂いても気の利いた事、うまくお返事かえせないかもしれませんので
今回はコメント欄閉じさせていただきますです。
[PR]
by kinakotoohagi | 2012-07-18 19:01 | その他