おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

にじり寄る影

普段机で仕事をしてる時には、私の仕事部屋の猫ベッドや
階段状に積まれたバンカーズボックス上で寝ているチビンチョさん。

何かのきっかけで、「ねーちょっと抱っこしてー」と要求してくる。
普段は「あとで!」というとあきらめてスゴスゴと帰って行くが
何が違うのか、なんとしてでも!と絶対に引かない時がある。

パソコンと私の間に割り込み、

ねぇかーしゃん、眠いの抱っこ・・・
f0131535_2217647.jpg


ちょっとぉ、聞いてる?!
f0131535_22172637.jpg


抱っこしてって言ってんじゃん!(ニジリッ)
f0131535_22175986.jpg


よーし、こうなったら・・・
f0131535_22182862.jpg
顔が怖いよ~^^;)
でも疲れた時に、お腹にウホウホ顔をうずめたりすると癒されるのだ。
チビはいつも甘い匂いがする。(ちなみにビビはちょっと汗くさい)

いくつになっても甘えん坊チビンチョさん、猫年齢9歳。
人間でいえば52歳、立派なオッサンである。
っていうか、いつの間にかかーさんよりも年上ジャン!?щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-27 22:36 | neko話

牛の赤ちゃん産まれました

f0131535_1429289.jpg
頭のてっぺんが「ソフトモヒカン風」の牛の赤ちゃん^^

私、牛という動物が結構好きである。あっ午年だから馬も好き。
まぁデカい動物全般好きなんですが。

うちの近所には牛を飼ってるうちが2軒あります。
70すぎのじぃちゃんが飼ってる牛2頭が妊娠中と聞き、
産まれたら見せてもらう約束をしていたので、うひうひ♪行ってきた。

産まれて約1ヶ月の牛の赤ちゃん、赤ちゃんだけど既に50キロ超え。
夫曰く、産まれたばかりは警戒心がまったくないけれど
さすがにこのくらいになると、知らない人を怖がるんだって。
だからあんまり写真パチパチは遠慮して、よーく観察!

見れば見るほど、がわいーーーよーーー!!!
目がクリクリのツヤッツヤ!

まつ毛がさ!まつ毛がだよ!
目尻のほうだけ3センチくらいの長さなの!
まるで成人式に小娘たちがしていた、つけまさながら。

「ちょっと、あんた誰!」
f0131535_14292875.jpg
お母さん登場である^^;)

この辺りでは多くあった中門造り(ちゅうもんづくり)と言われる家の造りがあるが
家の中、土間の一角に馬や牛がひとつ屋根の下にいたんだと。
夫が子供の頃住んでいた家もこのタイプで、牛の頭をゴチンってやっては
トイレに行っていたと聞く。
いいなー、くさそうだけど^^;)

だから夫も基本的に大型動物が好きだ。
(18年くらい前までは、うちにも普通に牛がいたと言うしね)
でも常に家畜はいたけど、ペットというジャンルは飼ったことがなく^^;)
いまだに猫の扱いは、よくわからないらしい。
ジェイ(小ぶりな大型犬)が家に来たときも
「これホントに大型犬?!中型だろ?」としつこく何度も言ってたな。
大きさの尺度が大幅に人とずれているとみえる、ふはは。

3月の末にもう一匹産まれるらしいので、今度は産まれてすぐを襲撃し
サワサワ、ナデナデさせてもらうぞーっ!
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-25 15:37 | その他

今日で3ヶ月

f0131535_21244112.jpg
昨年の11月22日に母が突然倒れてから今日で3ヶ月が経った。

1月中旬からメキメキと回復し、担当医も驚く程だったのに
先週の金曜日、突然の急変
なんとか持ち直したものの、状態は大幅に後戻りしてしまった。

最初の1月半位はとにかく「いつ何があってもおかしくない」雰囲気だったのが
1月半ばくらいから、家族も驚く程メキメキと快方に向かい始めた。
兄が毎日記録してくれてるエバーノートを開くのが毎日楽しみで楽しみで。

声こそなかなかはっきりとは出ないが、よく笑うようになったり、
右半身は動かないと言われていたのが、これまた順調によく動く。なぜだ?^^;)
言語中枢にダメージを受けている為、喋ることは不可能と言う医師の診断も
自分の名前がわずかに言えたり、質問に対して返事をしたり。

とは言っても、血管破裂して2回も頭開けたんだもんね^^;)
母は自分の時計でゆっくりゆっくり進んでいる様子だった。

ところが2月に入り、呼吸の様子がどうも思わしくない日が目立つようになる。
一般病棟に移った頃から、短気な私の病院側への不信感が増す。
「大丈夫なの、あれで!?」「おかしいでしょ!?」
冷静な兄になだめられながら、まかせるしかない。
2月初旬にお見舞いに行った時にも、1日のうちに体調のアップダウンがかなり激しい。

帰ってからも不安を感じていた矢先、15日(金)兄から「急変」とメールが来る。
「挿管」「肺機能がかなり悪く、全般的にもかなり容態が悪い」「深刻な状態」という
文字の羅列に、久しぶりのパニック。
数日前から気になっていた通りの状況に、不安と恐怖と病院への怒りが一気に襲ってきた。

結果的には現在は挿管も外され、今のところ順調に回復傾向にあるようだ。
そうは言っても、また色々な機械が付けられちゃったけどね。
でも笑ったり、顔つきも随分良くなっている様子に少しだけ癒される。

そんな中でも最近おもしろいのは、ここのところ兄のマニアック加減
相当エスカレートしていること。

呼吸器の医者にでもなる気かよ!とツッコミいれたくなるほど
色んな事調べて、勉強しまくっている。
脳外科の担当医の事は信頼しているが、それはそれ。
兄なりの自衛手段だろう。
エバーノートの内容が、最近じゃ所々私には理解不能になってきている。

すぐ感情的に沸騰する私と違い、同じ血液型で、おまけに似たような顔してるけど
性格は真逆な兄妹なのである。


お母さん、あんまり驚かさないでね。
ご存知かもしれませんが、あたくし意外にノミの心臓なんですから^^:)
写真はお母さんが初めて上越に来た時に撮った、高田公園の蓮の花。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-22 22:21 | その他

ある日のドヨン犬

f0131535_2317134.jpg
あきらかにドヨーンと落ち込んでます。
相変わらず顔に出やすいおぼったま、今日は終始うつむき加減です。

原因は、なんと2回もリビングでシッコしちゃったこと^^;)
こういう時はあえて怒りませんけどね、ポン助さんは基本外でトイレなので
自ら玄関開けて行ける訳じゃなし、まさか人間用トイレでっつーのも無理ですし。

ここ数日散歩の時に、やけに雪のカタマリをしつこくガリガリ食べているらしい。
昨日の夜は念のため寝る前にもう1回トイレに行ったおかげでか、
大丈夫だったのに、昼過ぎにリビングに降りていったら・・・・・Oops!

でも本人悪いことしちゃったことは、ちゃんとわかっている。
いつもみたいにワシャワシャはしゃがないし、
私が洗面所で雑巾洗ってる時ふと振り返ると
遠くの方で立ったままジーッと上目づかいで見てる(笑)

そんな姿があんまり不憫なので、お洗濯も終わったことだし
『ジェイポン、おやつ食べよっか♪』と言った途端
ポヤヤ~ン♥って顔が明るくなった、わかりやすい奴^^;)
やっぱ一緒に生活してると、ホント犬はいろんなこと理解している。
f0131535_23172023.jpg
大好きなくまちゃんと毛布とベッド、一部水没につきお洗濯。
心なしかクマちゃん、ほっとくつろいでいるような表情。


普段、玄関横のリビングにいるポン助さんは、基本我が家のセキュリティー隊長なので
来訪者があれば吠えて教えてくれる。
誰も来る気配がないのに吠える時には『不審者かも!?』と
ポン助を結構信用している、かーさんです。

おやつを食べる前
「ジェイポンくん、ものは相談だがね、
オシッコ出そうなときはいつもと違う鳴き方で、かーさんに教えてはくれまいか」と
語りかけるも、既に脳内の98%はおやつのクッキーでいっぱいの
気もそぞろなポン助さんなのでした。

⋆⋆比較画像⋆⋆
先日浜松のドッグcafeでのゴキゲンポン助さん、満面の笑み^^
f0131535_23203911.jpg

過去記事もあわせてご覧くださいまし^^→顔に出やすい犬でございます・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-18 23:46 | inu話

ばぁちゃんリスペクト!

f0131535_21461036.jpg
近所の料理上手のばぁちゃんの家でお餅をつかせてもらいました。
ちなみにこの辺りじゃ、おばあちゃんじゃなく、みんなばぁちゃんと呼ぶ。
嫁に来たころは馴れ馴れしい気がしてたが、そもそもが馴れ馴れしい性質なので
最近じゃ私も何の躊躇もなく、〇〇さんちのばぁちゃんと呼んでいる。

昨年末漆作家の飯塚氏宅で混ぜてもらった餅つき、
豆餅をまんまと失敗しちゃったんだ^^;)

豆は、洗っただけで餅米と一緒に蒸かすのが正解。
ご丁寧に、前日からお水に浸してもどしちゃったのが間違い!^^;)
見事に打つたび豆は粉々につぶれ、餅にきれいにMIXされるという惨事。
それはそれなりに美味しかったけど、豆がゴロゴロ入ってるのが食べたいの!

ということで、リベンジ。
今回教えてもらいたかったことは蒸かし加減と、
合い取り(あいどり、水を手につけて杵の合間に餅を返すこと)の正しいやり方。

このばあちゃん、この辺りの郷土料理に関しても生き字引と言われる有名な82歳。
おまけに野菜作りでもなんでも上手で、とにかく仕事が早い!
どのくらい早いかというと・・・・
f0131535_21494180.jpg
写真もぶれるほどの、82歳とは思えない機敏なこの動き^^;)
合い間に臼の中でお餅全体をひっくり返す手際や、
打ち粉を広げた伸し板に餅を移動するスピーディーさは、もうブラボー!!!
f0131535_2157495.jpg
無事、こんなにびゅーちほーな形しっかりの豆餅が完成~♪
杵で着いたのはとーさん、お餅切ったのもとーさん、ぬはは~♪

ばぁちゃんちは、土間や囲炉裏がある昔ながらの、この辺りじゃ一番古くて大きなお宅。
18畳の広間には練炭の掘りごたつ。
年末には当然大量の餅つきするんだけど、『紀元節にもつくからおいで』と?
紀元節ってWikipediaで調べちゃったよ、要は今の建国記念日。
そういう日には今でもお餅をつく。

餅つきが終わった臼に合い取りで使ったお湯を入れ
その中で杵(きね)や蒸籠(せいろ)やすのこ、布巾やしゃもじを洗い
最後に臼をたわしできれいに洗い、ひしゃくでお湯をすくい出し
布巾でふきあげて道具をしまう。(ここは私も手伝った!)
おまけに最後の湯を他のバケツに少し取り、
黒光りする床をその場で拭きあげていた。
ナント無駄がない!

そんな一連の作業は、禅宗のお坊さんの食事作法だったか
食後、飯碗と汁碗に湯を注いで、香の物できれいにすすいで飲みきり、
そのままお椀を重ねて袋(のようなもの)に片づける、
そんな風景をテレビで見たことあるけど、ふとそれを思い出した。
わかっちゃいるけどね、なかなかできない。

お邪魔してお茶を頂いて、お餅ついて片付けるまでに一時間半。
あっという間!
お茶請けは、ユリ根をきれいにうっすら甘く煮たものと、手作りの水羊羹に甘酒羊羹。
漬物は毎年どれだけ仕込むんだろ?

帰りには手づくりの草ほうきをもらった。
この辺りでも作る人はいるが、持ち手に巻かれた麻紐の丁寧な巻き方はさすが!
とにかく無駄をせず、骨惜しみをしない、春夏秋冬いつも忙しそうだけれど
でも愚痴も言わず、へ理屈も言わず
それでいて、けっこう楽しんでいる様子がうかがえる。
師匠と呼ばせて頂きたい!

4月には大豆約60㎏で味噌を仕込むらしい。
うへへ、足手まといは承知の上で、お手伝いさせてもらえるよう頼んでみよっと!
ばあちゃんが元気なうちに、沢庵と野沢菜の漬け方と
お節料理の諸々も教えてほしいしな。

それにしても、つきたての豆餅、サイコ-に美味しかった。
もうサ〇ウの切り餅は食べられなーい!
我が家のヒビが入っちゃった臼、
今年こそ修理してうちでもたくさんお餅つくぞーっ!(^_^)/

母よ、お餅は・・・・まだまだ無理ですね^^;)
f0131535_23474177.jpg

[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-16 22:07 | その他

Happy Valentine's Day

f0131535_17153259.jpg
夫にはガトーショコラ。
例年通り、味見をする私の方がたくさん食べることになるのだな。

焼き立てよりも冷やしてからが俄然おいしすぎて、
可能であれば、毎日食べたい。(人間として確実に不可能)

今後の参考に、一日置いてからの味も確認しておかないといけないなー(うほほ)
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-14 17:28 | その他

スカイツリーは登りません

f0131535_22533861.jpg
先日ぽこ姫が送ってくれたスカイツリーのお土産。
サザエさんシリーズかわゆす。

おはきなブログではおなじみ、生粋の東京人なのに東京の人に見えないぽこ姫
日頃から奇行の多いこの人、今回も急に思いついて行ったから
展望台には登らずお土産だけ買って帰ってきたらしい^^;)
真下から見ただけで感動した!って・・・。
まぁ確かにあのデカさだもんね。

それよりも、突然『誰と言ったんだ!?』と急にむきになる、
ぽこ父気分の我が家のとーさん。
本人に確認するまでもなく『女友達だよ!』と言っておいた。
で、やっぱりホントにそうだった(笑)

上の写真を本人に送ると
『タラちゃん&タマかわいいね♥自分用にも買えばよかった』と。
えーと、
タマの横は・・・・ワカメだと思うよ・・・・。

他にも色々とあれですが、本人の名誉のために今日はこの位にしておこう。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-13 23:19 | その他

コーヒーと焼き菓子の現実逃避

f0131535_1712440.jpg
たった230文字の原稿書きに行き詰まり、
押しても引いてもちっとも前に進まないので
現実逃避にブラウニーを焼いてみた。
何の前後関係もないけれど
近々作ろうと思ってココアやくるみは買ってあったから。

くるみのザクザク感が、イイ感じ。
夏みかんピール、もっと入ってもいいなー。
次回はチョコもいれて、ところどころでトロリンってなるといいなー。

なんてね、『ちょっと気晴らしにお菓子焼いてみました』的な
できる主婦っぽいことが言ってみたかったのだ、うへへ。

まぁ、適当につくったわりにはおいしかったけど
次回は現実逃避じゃなくて、ちゃんと丁寧につくろう。
おやつはやっぱ、よりおいしいほうがよろしいもんね。

それにしても、コーヒーと焼き菓子って組み合わせはホント絶妙だけれど
おかげで原稿が進んだかと言えば、そうでもないところが、唯一の問題・・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-10 17:47 | その他

しっかりしてよね

f0131535_16512214.jpg
しかし最近の私、うっかり度が急激にエスカレート傾向。
それは黒犬も首をかしげるほど・・・・^^;)

見た目がいろんな意味でインパクトあるせいか
なんとなくしっかりしているように、皆さん思ってくれているみたいですが(違う?)
意外とうっかりで、決してしっかりはしていないという意外性が売りの40代(爆)

先日も某Cafeでご飯食べて散々楽しくお話して、お土産までもらって
帰ろうとしたら、お財布忘れててさ^^;)
先週は認定講座に、受講生のテキスト忘れて取りに戻るしさ、
味噌教室じゃ、エプロン一式忘れ、おまけにYちゃんに本渡すの忘れたし。
朝一で病院に行くも肝心な持ち物を忘れ、午後出直し。
よっしゃ今度こそ完璧!と思った瞬間、
携帯持ってないことに気付いた時にはうっすら背中が寒くなったよ。
『年のせい』にしたら『年』にぶっ飛ばされそうな気がする今日この頃だ。

今のところ、おやつの隠し場所とかはしっかと覚えてますのでね
まぁ、単なる注意力散漫ですな。
勢いで始まった感満載の2013年。
ちょっと落ち着いて身の回りをアレコレ片付け、地に足をつけるとしよう。

でも、都合の悪いことは、昔から即忘れる主義ですが・・・・。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-05 16:08 | その他

味噌づくり教室に行ってきた!

f0131535_15385299.jpg
今週はレッスンや取材や長岡の認定講座とお忙しゅうございましたが、
今日は楽しみにしていた味噌作り教室に行き、疲れも吹っ飛びゴキゲンなあたくしですよ。

会場は直江津の縁起堂さん。
中心市街地活性化のための空き店舗活用事業で、
昨年の7月にオープンした、コミニティーショップ。
もとは本屋さんだったのかな?外の看板だけはまだ残っていた。
直江津ってこういう活動、結構盛んな気がしますね。

去年親戚からもらった手作り味噌が美味しくて、
自分ちで作った大豆でお味噌作りたいなーなんて思っていたところに
渡りに船!地獄に仏!猫に小判!(違)ありがたや、ありがたや。

いや~楽しかった!
自家製味噌なんて敷居が高いなーって思ってたけど
一度経験したから、なんだかできそうな気分になったわい。
でもその前に、大豆をちゃんと作らなきゃだよ。

主婦友2名と一緒に参加。
↑でミンチマシーンをグルグルするのは突っ込みどころ満載のY嬢
おもろ可愛い^^

本日の先生は、直江津の老舗味噌屋『山本味噌』さんの御曹司やまもとみそくん
まんまやんけー!というツッコミがきそうですが、子供の頃からのあだ名らしいのよ。
普通は茹でた大豆に塩と麹で仕込むんですが
今日は山本味噌秘伝の味噌酵母が入るのが、まさにミソ!
山本味噌さんで預かってくれて、土用を超えた10月頃に完成。

私が子供の頃は、おじいちゃんちでお餅つきしたりした記憶はあるけど
さすがに浜松辺りでは、家で味噌を作っていたなんてことは聞いたことない。
でもこの辺りじゃ、子供の頃は家でやってたよね~と、さすが発酵のまち上越

とーさん曰く、我が家の隣の家は昔々麹屋さんだったので、
家で採れた米を持っていくと同量の麹と交換してくれる。
お米の方が単価は高いので、差額が麹屋さんの儲けという仕組み。

今でも集落の公民館には共同の大鍋とミンチマシーンがあるので、
その気になれば貸してくれるらしい。
以前はどこの家でも味噌は作っていたんだっていうから、大活躍だ。
今でも沢庵や野沢菜とかの漬物は、ばぁちゃんが各家庭で作っているけれど
さすがに味噌まで作る家は少なくなった。って言うか、あるのかな?
我が家の蔵も、昔は重い木の扉を開けるとぷーんとお味噌の良い香りがしたらしい。
よし、今度お味噌作ったら蔵で発酵させよう!

近所に料理や野菜作りが上手なことで有名なばぁちゃんがいる。
来週、そのお宅で一緒に餅つきさせもらうので、その時色々教えてもらってこようと思う。
漬物までは無理だとしてもせめて沢庵くらいは・・・・。

母よ、元気になったら、私が作ったお味噌汁を飲ませてあげるよ!
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-02-03 20:58 | その他