おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レンコン、ハジマリマシタ

夕方の黒いぬパトロールです。
f0131535_17140945.jpg
とーしゃん、どこですかー?

レンコン畑にも水が入りました。
今年は面積が増えたので、夏の蓮の花の群生が楽しみでございます。

この辺りは妙高山からの、新鮮で冷たい水が入る水上なので
お米にもレンコンにも好条件。
f0131535_17142493.jpg
冬の間、土の中で寝かせておいた「種レンコン」を掘り起し
新しい蓮畑に等間隔で植え替えをするらしい、ほほー。
やっとわかってきた、レンコンシステム(あってるか?)

f0131535_17144682.jpg
現在、アスパラ・レンコン・稲作がスライドしながら同時進行。
機械もフル稼働の泥だらけで、明日からは少し移動して、今度は田んぼの田打ちに出動です^^

おかげで毎日アスパラ&レンコン三昧。
でも立派な良いところはお世話になった皆さんにおすそ分けしているので
はんぱや規格外が我が家にたんまり残るという、農家にありがちな現状ですが
はんぱっ子でも新鮮でおいしいのには変わりなし。
近場で食材調達できる贅沢。


とここまで昨日書いておいたら
今朝、今度は筍4本ドドンと届きました!
f0131535_11271209.jpg
笑顔がキュートな従兄殿が、掘りたてを届けてくれますが
例年はお義母さんの命日の5月4日頃、そろそろかなーとbigなお鍋用意して待ってるんですけどね。
やっぱ今年は早いね~!

裏のじいちゃんからまた椎茸たくさん頂き、食べきれないので干し椎茸も製造中。
今朝有線で、近所のばぁちゃんが冬菜くれるって電話もあった。
春のおいしい田舎生活、バンジャーイ!ヽ(^o^)丿







[PR]
by kinakotoohagi | 2014-04-26 11:48 | 農業

川辺の桜並木

f0131535_08172337.jpg
今年の高田公園の観桜会は例年以上の盛り上がりを見せていましたが
そこから少し山あいに近い我が家付近の桜はちょうど今が満開。

距離は短いけれど、とても気に入っている近所の古い桜並木。



f0131535_06315521.jpg
桜を見に朝のお散歩。
廃校になった中学の桜のトンネルを走り抜ける、赤い人と黒い犬♪


f0131535_06322545.jpg
一昨年ベンチが設置され、今年はそこにテーブルが増えていた。
気が利いてるね~。
明日はコーヒー持参だ。

昭和3年に植樹された桜の木は相当な老木ばかりで
高田公園のように専門の人が管理しているわけではないので、樹自体がかなり傷んできている。

でも地元の人が大切にしていて、倒木したところに昨年新たに何本か若い樹を植えた。
ひょろひょろに細い若木も今年は新芽をビョンビョン伸ばしながら、チョロンと花をつけていたり。
健気。

f0131535_06325037.jpg
撮影当時は八分咲き(5日前)

f0131535_06332528.jpg

昨日の夕方通ったら満開を少し過ぎ、チラチラと落ちた花びらで道路が一面ピンク色。
ローカルエリアですが、気になる方はおいでませ♪

高田公園から405号線を牧方面に向かい、ローソン超えてしばらく走ったら「高津」の交差点を左折。
小さなお寺の小さな枝垂れ桜を見ながら少し坂を上ったところに橋があります。
その飯田川の堤防沿いです。

近くには岩野原ぶどう園周辺の桜や、
少し東に行くと牧村の宮口古墳の桜が見頃かと。

川の音と時々うぐいすの声を聞きながらの
田舎のお花見会場でございます♪


f0131535_06334249.jpg

「花見好き」というか、「屋外・桜・お酒」の3点セットをこよなく愛するとーさんですが
今年は例年よりもかなり早いスタートの農作業が既に佳境にはいっているため
お花見どころじゃない。
とか言いながら、3回は行ってるけどね、普通はそれで十分なんだけど^^;)

そのおかげでニョキニョキ出てきた新鮮アスパラ食べられる幸せ。
4時起きごくろー様でございます!


[PR]
by kinakotoohagi | 2014-04-19 08:33 | その他

映画「夢は牛のお医者さん」

 
f0131535_09583645.jpg
先週末、日本最古の映画館「高田世界館」で観てきました。

1987年、新潟県の豪雪地帯の山間地、児童9人の学校にやってきた3頭の子うしとの出会いから、
獣医になる夢を抱いた少女の26年間を追ったドキュメンタリー。

新潟の地方テレビ局が作った番組が映画になった。
夢は牛のお医者さん

なんとも幸せな気分になる映画だった。
「どうぶつと子供」なんて、使い方間違えればいかにも「感動を誘う」お涙ちょうだいになるところだけど
それどころか26年という時間の厚みと、何とも言えない昭和の懐かしさ
主人公の高橋智美さんの生命力の強さに圧倒される。

牛のこともただ「可愛い」とか「かわいそう」だけじゃなく、
中越地震の時の牛や、家畜はペットと違う経済動物という視点だったり
畜産農家や獣医師の減少など、リアルな話がきちんとあるあたりがね、うなずけた。

とか言いながら、終始号泣でしたけど^^;)

そもそも私、牛が好き。(こちら参照
おまけにこの映画の舞台は、国内有数の豪雪地でおまけに超過疎地なんだけど
今現在も、そこで暮らしてい友達が約1名いる!

実際に行った事はないので
「ほほー、こんなとこなんだー」  「やっぱ雪の積もり方尋常じゃないわー!」
などという新鮮な驚きと笑いが続くのだが
後半に、まさかの予測していなかったBigサプライズがあった!

子供たちが涙をぽろぽろ流して別れた牛ちゃん達が売りに出された家畜市場で
値段に関係なくまとめて3頭買ってくれた、家畜商のおぢちゃんが画面にアップで映し出された・・・・






わーっ!?
近所の岡本さんちのじいちゃんだ!

隣りにいるとーさんの足、バンバン!叩くあたくし^^;)
ひゃー、びっくりした!
( 過去記事:夏の夕暮れとハートの牛 ←この牛を飼ってるじいちゃん )
エンドロールにもしっかり単独で名前が出ていた。

今じゃ、体壊してやめちゃったけど、朝しぼりたての牛乳をよくもらったわ。
殺菌やホモジナイズなんてもちろんされていないから、冷蔵庫に入れておくと
上の方に生クリームみたいになった乳脂肪が固まってて、オオーッ!と感動したもんだ^^
( 過去記事:週末食べ物日記 )

f0131535_09585161.jpg
上映終了後、監督と主人公高橋智美さんの舞台挨拶がありました。
この時の気分は、すっかり親戚のおばちゃん。

そうそう、高田世界館にあんなに人が入ってるの見たの初めてだし
映画終了後に拍手が起こったのにも、ちょっと感動した。





夢は牛のお医者さん 公式ホームページ→ココ★

(上映映画館:ポレポレ東中野 ・新潟シネウィンド ・十日町シネマパラダイス高田世界館)  




映画のあとのお昼は、久しぶりの鶴越 で「かけのとりちくたま」
せせり天うまー!
いりこ出汁がしみたー!
f0131535_09590799.jpg

あっ、映画おすすめです!




[PR]
by kinakotoohagi | 2014-04-03 17:14 | その他

アブラナ科アブラナ属に属するひとたち

あの窓辺の葉ぼたん がニョキニョキ伸びて咲きました。
日当たり悪くて、伸びすぎだ^^;)
f0131535_09503914.jpg
葉ぼたん:アブラナ科アブラナ属の多年草

同じくアブラナ科アブラナ属のキャベツ。
冬の間、雪の下で越冬したキャベツは、外皮を剥けば見事なみずみずしさだ!
f0131535_09493793.jpg
畑で5個冬越しさせたのに、雪が溶けてみれば、3個は見事にねずみにやられてた。
見た目は丸くキャベツの形なのに、中は見事に空洞だったらしい。
雪の下では、ねずみが芯の辺りからカリカリ侵入して、
外皮だけ残してきれいにシャリシャリ食べ進んでったのかなーなんて想像すると・・・・
可愛くないっ!

貴重な残り2個も、最近おはきな家で静かなブームの「博多風鶏の水炊き」とスープで大量消費され
甘いキャベツは、あっという間に終わっちゃった!
f0131535_09495363.jpg

とーさんの農作業も春の準備が始まり、いきなりの怒涛の忙しさ。
あたくしも雪が溶けた後の家の周りの手入れや、畑の準備と行きたいところですが
冬の間に落ちた体力が、足を引っ張る春の日でございます・・・。(体力もともとないよね)


:::::キャベツの芯、大盤振る舞いの巻::::

「マヂですか!こんなにおっきいのくれるですか?」
あまりの嬉しさに顔がウルトラマンテイストになっておる^^;)

f0131535_11213186.jpg

「よしっ!」の瞬間

必死の形相^^;)
f0131535_11230372.jpg

2枚目のキャベツは、撮影の為「オフ!(出せ)」と言うものの
なるべく目は合わせず、聞こえないふりをする、もうじき8歳なりの知恵^^;)
f0131535_11232496.jpg
ジェジェポン、4月30日で8歳、6月でうちに来て4年。
こんなふうに見えて、そろそろおじいちゃんなんですの^^



[PR]
by kinakotoohagi | 2014-04-01 11:46 | その他