おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

タグ:十日町 ( 3 ) タグの人気記事

春をむかえに十日町


4ヶ月ぶりのご無沙汰です。
こんなに間を開けてしまったのは初めてじゃなかろうか?
みなさまも、お変わりございませんかしら?

昨年末はホントにいろんなことがありすぎて・・・。
書こう書こうと思いつつ、大切に記録しておきたいこともあったりすると
「なう!」なことは、それを書いてからなんて思ってるうちに・・・あわわわわわ。

FacebookがほぼTwitterがわりな、今日この頃。
なので最近のことから書いてみることに。
先々週のこと、十日町まで春らしいミモザのリースを作りに行ってきましたので
リース教室とディープ十日町のこと。

f0131535_18395226.jpg
好きな花トップ3に入るな、ミモザ。

嫁に来るとき、浜松から大事に植木鉢で持ってきた1メートル以上あるミモザの木は
雪国の2月の寒さであっと言う間に枯れてしまい、それ以来恋い焦がれる春の象徴。

ユーカリのきりっと緑と黄色いフワフワに囲まれて
気持ちが華やいだにゃ~。

先生は atelierひと葉さん
f0131535_19112187.jpg
3月は何種類かのフレッシュユーカリのリースとドアスワッグ
4月はピンクペッパーベリーですってさ。

花はいいね、また行きたい♪
(ひと葉の花教室レッスンのご案内はこちら→

***

このあとリボンカフェには寄らず、だってお店お休みだったんですもの。
男前なオーナー(女子)リース教室来てたしさ^^

十日町在住ジロー氏(女子)とのデートの前に
自家焙煎珈琲のミールクラフトさんへ。
f0131535_18470852.jpg
いつも可愛い奥様に試飲のコーヒーを頂きグビグビ。
こんなこと言っちゃーなんだが、ほんとに狭いお店なんだけど
珈琲Loveがあふれてる感じが好きだ。

珈琲2種お買い上げ後、すぐ隣の姉妹店「菓子工房シェ・ヤマザキ」で
当然お菓子も買うよね♪


さて一路、ジロー氏との待ち合わせ「タナカクマキチ」へ。
あのね、Cafeなんですよ、タナカクマキチ。

店の面構えもイケてるんです、12時に行ったのに既にほぼ満席。
女子率髙し、オサレ店なのにキッズスペースもあるのでママ率も高し。
津南ポークと舞茸のどんぶり
オサレ店なのに地産地消でおまけにウマイの。
f0131535_18435672.jpg
2010年のこんな記事があった→「はじめてのお使い@十日町」
写真がなぜか見えないものあり。

以前の記事にも書いたけど
有名な「豪雪ジャム」や「とおかまちてづくり市」を企画しているこの界隈のオサレ若者たち。
田舎であること、モノがないこと、人が少ないこと、雪が多いこと
これらのことは「まちの活性化」には関係ないと言う事だ。


そして〆はいつものスーパー「リオンドール」で
津南産の大豆「さといらず」(超うまいっ!)
髙長味噌の「ががなんばん漬け」
魚沼酒造の「天神囃子」のミニサイズなど買いこみ帰路へ・・・。
f0131535_18443201.jpg
上越から1時間ちょっと。
ジロー氏というマニアックな案内人がいるからということもあるけれど
何かと縁のある十日町界隈。
行けば行くほど魅力的なディープさが好きだ!

それにしてもこの8年間の雪国生活、
ありがたいことに何かと「人に恵まれている」と言う事は間違いない。
f0131535_19042262.jpg


でね、この人は誰でしょう?
って話はまた今度・・・・。
f0131535_19184920.jpg


[十日町:関連記事]

[PR]
by kinakotoohagi | 2015-03-10 19:31 | 旅行

十日町ときどき猫

f0131535_15195693.jpg
ほぼ完治した感満載の我が腰痛です。
痛みのない暮らし、バンザイ!

腰だけでなく股関節の痛みもあり、最近よく聞く変形性股関節症じゃなかろうかと
関東方面の専門病院にでも行かなきゃか?と思っていたところ
腰痛の先輩ジロー氏(女子)から、十日町の鍼灸院を紹介してもらった。
腰痛持ちのジロー氏が2回で楽になったと。
上越から1時間ちょいの十日町。
通うの大変だけど、東京行くこと考えたらね~。
十日町界隈には魅力的なスポットたくさんあるしね~(ここ大変重要)。

で伺ったのが張士堂さん。
待合室のラックにはPENがあったりする治療院。
丁度通っている間、仙台強行日帰りとか、猫脱走睡眠不足とか無謀な生活していたので
本来ならもっと早く良くなったかもですね。
毎回私の話に丁寧に耳を傾けてくれる、私よりはるかに若いはずなのに、
穏やかな落ち着きの院長先生、あの手この手で治療していただきました。
3回で良くなっちゃったけど、また行きたい^^

で、当然治療だけで帰るわけない訳で、
前から気になっていた山の中のパン屋麦麦ベイク(ばくばくベイクと読むのだよ)
f0131535_16431847.jpg

わが家に初めて訪れた方が必ず言うのが「以外に家とかあるんだね」と。
もっと山の中の一軒家だと思っているらしい。
麦麦べいく、これぞまさに正しい山の中のお店。
失礼ながら、こんなとこ誰が買いに来るんだってところですが、
2回目に行った時はお昼前の時間帯だったせいか
次々と、それも男性客が!柏崎から十日町に抜ける国道沿いだから?
天然酵母のズッシリ系だけじゃなく種類も結構豊富です。
土日は昼頃には完売になることもある模様。


それから斜め向かいくらいの位置にラーメン屋さんがある。
11時半少し前で並んで待ってる人がいて、またまた驚き。
張士堂の奥さんもおいしいと言っていたけれど、山奥なんだよ本当に!
ひとりラーメンはさすがにだったので、次回夫連れで検証だ!

f0131535_15202041.jpg
帰りの大島区青空市場で買った津南産の巨大舞茸となめこ。
他にもおいしそうな物色々買ったんだ~♪(何しに行った?)
十日町界隈、自然も美しく、棚田の風景や温泉、Cafeやおいしいコーヒー屋さん、
これまた山の中の魅力的な美術館&Cafeとか、
ちょっと足を延ばせば六日町にも魅力的なところが満載なの。
町としては人口6万人弱の小さな町なのに・・・大きさや人口じゃないってことね。

さてさて・・・その後のチビビンチョ御一行様
f0131535_16472468.jpg
毎日こうしてビビを手なずけております。
かぁさんモテモテ風ですが、おきぬけで頭ぼさぼさ^^;)
チビンチョさんの食欲は相変わらずで、今朝は4時半にあんまり鳴くので
抱っこかと思ったら、ご飯の催促でした。
さて、ビビを普通に抱ける日は訪れるのか・・・・!?
[PR]
by kinakotoohagi | 2011-06-08 16:40 | shop

はじめてのお使い@十日町

いえ、別にホントにお使いに行ったわけじゃないですけどね、
今まで何度か訪れている十日町。
いつも人の運転や、途中から十日町在住ジロー氏に迎えに来てもらうパターンなので
先日、初めてひとりで行ってみた。
家からジャスト1時間、意外に近いね!
でもひたすら山越え&トンネル、雪のシーズンは絶対行かないよ♪

f0131535_12565713.jpg
ちょうど紅葉も見頃。

「◎月◎日クマ目撃情報」とか言う看板を見つけ、クマちゃんいつ出てきてもOKよ!と、カメラを手元に用意した^^

無事到着し、ジロー氏@女子と合流。f0131535_12572197.jpg

まずは、ずっと行きたかったタナカクマキチ。
cafeである^^

「タナカクマキチ。」ってネーミングにはユニークな由来があるらしいのですが、詳しくないので割愛^^;)でもこのクマキチCafé以外にも同じ建物内に入っている何軒かのお店のオーナー達が「とおかまちてづくり市」や雪まつりの時の豪雪ジャムを企画・主宰している一味らしい。
f0131535_12574342.jpg昔は旅館だったという建物の外観。
この中にCaféや洋服屋さんがあるとはとーてー思えん^^;)でも中に入ると木の階段や手すりとか、妙に味があるのだ。

f0131535_1258231.jpg


階段上がったインフォメーションコーナー。元乳母車?
f0131535_12585520.jpg店内は高低差があったり、子供のお遊びコーナー、窓際のまったりスペースとか色々でゴチャッと感が逆に落ち着く。外から見るよりも意外に広い。メニューも豊富で迷いに迷って、せっかくだから津南ポークと舞茸のどんぶり。
f0131535_12591215.jpg
ジロー氏のiPad、カッチョエー!仕事関連のご相談とか。でも脱線ばっかり。ジロー氏と会ったらこのネタ話すぞ!と言うことが多くてさ。時間が足らん^^;)

1階にOMAKEという変わったネーミングの洋服屋さんが入ってる。
ご夫婦でやっていて長岡にもお店がある。
そしてナント、美人の奥様は私と同じ元浜松市民なのであーる!
私に言われたくないと思うけど、いやーなかなかチャレンジャーだね。
上越なんて問題にならない位スゴイもん、十日町の雪。

残念ながら今日は会えなかったけど、
優しくてハンサムな旦那くんに、色々馴れ初めとか聞いちゃったもんね^^。
今度はゆっくり「あのお話」を♪

HP見ればわかると思うけど、タナカクマキチ。もOMAKEも独特の雰囲気。
小奇麗でスタイリッシュな物がお好みの人には向いてないかもしれません^^;)
(誤解のないように、とってつけの流行りじゃないっつー意味ですよ)

でも、Caféの料理も地元食材の清津峡舞茸、津南ポーク、高長味噌
豪雪ジャムは「十日町といえば雪!雪を最大に活用して何かできないか!?」 と、
彼らが立ち上がり、3年前に野外フェスティバルをはじめたそうな。
とおかまちてづくり市も同じく。

「自分たちが育った町にある物」を大切にして、
それを楽しむにはどうしたら良いかに頭を使い、
知恵を出し合い、実行に移し、更にそれを続ける。
尊敬するよ、ホントに。
お金儲けや、とってつけの流行りじゃない骨太なセンスにやられますた。

さてお腹も一杯、口だけは良く動かしたので、次は自家焙煎珈琲のミールクラフトさんへ。
どこかに出かけた時、寄るのは大抵、
カフェ・パン屋・コーヒー豆屋・文房具屋・雑貨屋が主な私です。
f0131535_12595072.jpgホンットに小さなお店だけど和ませてくれるお店です。

試飲させてもらったコスタリカ。いつまでも香りが鼻の奥から離れず。自分で同じように淹れられたらな~(遠い目)
ジロー氏が頼んであった、超スタイリッシュなコーヒーミルを受け取っていた。
ビックリだ!
少し前までは、家ではもっぱらネスカフェだったというジロー氏。
今じゃKONOのドリッパーで淹れてるらしい。
ミールクラフトとの出会いがなかったら起こらなかったミラクル。
コーヒーだけじゃない、何か魅力があったのだね~きっと。

で、最後は地元スーパー「リオンドール」で夫へのお土産。
f0131535_2244954.jpg
まずは十日町に来たら高長味噌のホッポロ漬け!
大根・なす・きゅうり・から芋・みょうが・しその実を刻んで味噌に漬けてあるもの。
おにぎりにも、生野菜につけてもおいしいそうな。
今回初挑戦の「にんにくごまみそ」和え物にしても、タレにも使えそう。
f0131535_2252912.jpg
この季節にかかせないキノコ類とジロー氏お薦めの「大力納豆
キャッチフレーズが「水の違いが美味差(うまさ)です!」なるほどね。
大力納豆板詰専務のブログによると、近々上越でも販売するお店ができるようだ。
スーパー吉池あたりじゃなかろうかね~?

我が夫はこの上越という土地や雪が好きだ。
十日町や谷根(たんね)、どの町もそこに暮らす、その町を好きな人に案内してもらうと
とても魅力的な場所になるから不思議。

探せばどこにだって、そこにしかない大切な物があって
その土地のイイものを残したい、知って欲しいと言う人が増えると
素敵なセンスが生まれてくるんだな~と、最近いろんな人に気付かされるにょろ。

都会に行けばどこにでもあるもの、どこも同じ物も時々はいいけどね。
スタバとか、あれば絶対行くしさ^^;)
あっでもね、物だけじゃないんだ、そこに魅力的な人がくっついてるから
また行きたい、買いたいって思うんだね。

十日町、まだまだ色々ありそうで、お勧めです♪
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-11-17 23:18 | たわいもない日常