おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

タグ:那須・黒磯 ( 4 ) タグの人気記事

那須・黒磯【その4】-山のSHOZO+@

BROWN MOUNTAIN BAKERY
f0131535_1794029.jpg
那須ICを中心に、黒磯駅と反対の山方面へ移動。
最初にICを降りてちょっと道を間違えた時、気になっていたお店はパン屋さんだった。
運転私に替わったからね~好きなところでどんどん止まっちゃうのだ。^^
f0131535_17101413.jpg「天然酵母と日本の小麦で焼いています。精白糖、卵、牛乳は使っていません。バター、チーズは使っているものがあります。」ってことで、言わずと知れた、ずっしり系のパンが多い中、ナッツやドライフルーツガッツリ入ってる焼き菓子やフレッシュハーブのピザなんかもあって、どれもすべてツボですよ、ツボ!旅行中なので自粛気味の購入です。マーマーレードのパンとスコーン。丁寧につくってるんだろうなーってお味です。
2月にオープンして間もないので、「ショップカードもまだなんです~。」と優しげなお店の方。後でわかったのですがルヴァンでお仕事されていた方のようです。
で、もう一点お店出てわかったことなんですが、このお店、昨年closeした
SHOZO系列の「SHOZO CAFE MD(mountain drive)」の跡地だった。
mixiのSHOZOコミュでパン屋さんになるって書いてあったのを見たけど、
偶然見つけてホクホク大満足な私^^。

■Brown Mountain Bakery /ブラウン マウンテン ベーカリー
住所:栃木県那須町高久甲3978-3
TEL:0287-74-3931
営業時間:通常 10:00~16:00(売切れ次第終了)
休業日:火・木・土曜日
*那須ICから那須街道(県道17号線)を那須方面に向かいスグ。



でもって、まだ続くSHOZO^^;)
今度はもう一軒のNASU SHOZO CAFEへ。
那須街道を山に向かって走り続けると右手に小さな黒い看板。
f0131535_17111375.jpg

f0131535_17114498.jpg
街のSHOZOと違って大きな店舗です。想像するに、元はガ○トかロ○ホみたいなファミレスだったんじゃなかろうか?でも中に入ればしっかりSHOZOテイストなんだな、これが。ブラウン系にまとめられた落ち着いた店内と、その奥に半室内の明るい白いエリアと、開放的な外のテラス。
連休ってこともあり、おまけに那須街道沿いだから、あきらかにSHOZO狙いじゃない子供連れの家族とかもいたりして賑やかでした。以前何かで山のSHOZOは冬がいいって話を聞いたことがある。

f0131535_1713410.jpg

この看板の裏側には

本を読む人
話をする人
お茶を飲む人
勉強する人
想う人
自分の時間を見つけたら
どうぞお静かにお出かけください。


こんなことが書いてあった。シーズンオフに行き、のんびり本でも読みたいところ。

f0131535_17121060.jpg
季節限定レモンのタルト。
山のSHOZO、もうひとつ特筆すべき点は接客男子。
きびきびと澱むことなく、終始にこやかに動き回る背の高い男子達(ほぼ全員)。
若い男子に興味はなくとも、小気味よいとはまさにこのこと。。。

■NASU SHOZO CAFE
栃木県那須郡那須町高久乙2730-25
TEL 0287-78-3593 OPEN 10:00~18:00

[PR]
by kinakotoohagi | 2010-04-02 17:16 | 旅行

那須・黒磯【その3】-tamiser kuroiso

f0131535_14562265.jpg
住まいや暮らしの季刊誌「住む。」
先月買った32号の表紙のこの写真が「tamiser(タミゼ) kuroiso」。

フードスタイリスト(こんな肩書きでOKかしら?)の高橋みどりさんが、恵比寿の「アンティークス タミゼ」吉田昌太郎さんといつの間にか結婚していてビックリしたのが何年か前のArne(アルネ)。でもって「黒磯の古い家で何やら始めるらしい」と、そのArneに書いてあったのを思い出した。
それがtamiser kuroiso。
あまりの素敵っぷりにちょい興奮して
「住む。」の記事や写真を、イヤラシイくらい細部まで食い入るように見た。
ほいで行きたくなったの、黒磯に。

実は今年の3月は、私も夫も東の方角に行くのが二重丸◎なのだ。
上越からストライクゾーン、ど真ん中。
おまけに急きょ関東方面に行く用事もでけたことだしってことで行ってきたのが今回の旅。
ところが残念ながらtamiserは週に二日、月曜と火曜のみの営業のため今回は外観だけ。
次回のための場所確認ってことで・・・
f0131535_1511271.jpg
興味ない人には「なんじゃこりゃ」ですよね^^;)?
タクシー会社の所有する昔の修理工場を20年契約で借りて
汚れたがらんどうのスペースをコツコツ手を入れたのだとか。
f0131535_15232227.jpgf0131535_15235117.jpg
f0131535_15255360.jpgプライベートスペースのキッチンの雰囲気は「ku:nel」にも掲載されていたけれど、どこもかしこもシンプルでどっしり。
店舗部分もピカピカに真新しくない、適度に懐かしさの漂うような感じ。真似しようと思っても、そう簡単にはできないんだなこれが。
毎週月曜日の朝に東京から3時間、読書をしながら電車に乗って通っているのだとか。
そもそもご主人の吉田さんが黒磯の出身で、お父さんがデザイン事務所をされている。
お父さんの作った観光パンフレットや地図も置いてあるので、ここは観光案内所だそうだ。
「黒磯に足を運んでくれる人が増えれば嬉しい」と吉田さんはココを作ったらしいけれど
SHOZOといいtamizerと言い、強烈な吸引力で黒磯の街を魅力的にしているよね。

さて次は「山のSHOZO」へ・・・・

◆tamiser kuroiso◆
毎週月曜、火曜日の2日間のみ営業 11時から18時まで。

住所:栃木県 那須塩原市(旧 黒磯市)本町 3-13
電話: 0287-74-3448    
JR宇都宮線(東北本線)黒磯駅を出て(駅を背中に)右奥に見える
那須合同タクシーとトヨタレンタカーの向かい。

[PR]
by kinakotoohagi | 2010-03-25 16:07 | 旅行

那須・黒磯【その2】-JAPON&ROOMS

後ろ髪をひかれながら、cafeを出て1階でお買い物。
店を出て同じ並びを少し歩くと奥まった所にある、雑貨のお店「05 Japon」
f0131535_13344485.jpg
入口付近にはアンティークのホーロー物なんかがあったけど
店内は「fog」や「倉敷意匠」、「studio m」「erbaviva」等の、割と女子好み系の品揃え。

で、またもう少しだけ歩くとあるのがユーズド家具やインテリア雑貨の「ROOMS」f0131535_12323527.jpg
元はお豆腐屋さんの店舗だったんだね、色褪せた看板が。店内は不思議でおもしろい空間造りが随所に。でも良く見ると建物の2階部分は極普通の日本家屋。嗚呼!センスってこういうこと。
f0131535_1233997.jpg
店内の奥の方にも古い建具が何枚かあったけど、昔のガラスがはまった凝った造りの木製の引き戸とか、うちの近所探せばあるんじゃなかろうか?
アンティークの引き出しとかヨダレ物の変な物がゴッチャリ。
中には何じゃコレ!?的な物もあったけど、いや~ココなかなか楽しかったわ。
久し振りに色々刺激され、いろんな意味でモチベーションが上がりましたの。

でもって、この店の前に道はさんで「04 STORE」って洋服屋さんがあったんだけど
我が家好みではなかったのでスルーして、次はお休みのtamiser kuroisoへ・・・・




◆05 JAPON◆
〒325-0045 栃木県那須塩原市高砂町6-5
T/F 0287-62-5320
OPEN 12:00~20:00
定休日/第1金曜日


◆ROOMS◆
〒325-0051 栃木県那須塩原市豊町8-38
T/F 0287-64-4065
OPEN 12:00~20:00
定休日/第1金曜日

[PR]
by kinakotoohagi | 2010-03-25 13:57 | 旅行

那須・黒磯【その1】-1988 Café SHOZO

関東方面に行く用事ができたので、以前から行ってみたかった那須に行ってきました。
3連休の前半、3月20日(土)21日(日)の一泊旅行です。

今回の目的は、念願の「Café shozo」
1988にオープンした栃木県黒磯市(現在、那須塩原市)にあるCafé。
f0131535_189466.jpg

f0131535_1862820.jpg大好きな出版社アノニマスタジオが2004年に創刊した「fu-chi」という雑誌。(春から出版元が変更になり、天然生活のおまけ的発行形態になるらしいけど)
創刊号の「Café SHOZOを知っていますか?」という特集記事でSHOZOをはじめて知り、でも那須ってなかなか行く機会のない場所でね。益子に行く機会に一緒にと思っても、車で2時間位かかるらしいしさ。でも今回行ってみて意外と近いし、泊まりで益子とセットで近々また行きたい。
黒磯って行ってみてわかったけど普通の小さな町です。
旧黒磯市の人口は6万人って言うから、
我が町、旧高田市(人口7万5千人)とそう変わらない大きさだ。
1960年生まれの菊池省三さん
アパートの2階を改造して始めたのが「1988 Café SHOZO」
今はCAFE以外にも、すぐ近くの歩いて行ける距離に雑貨や家具、
洋服のSHOPもあって合計6店舗。
結構遠くからもこの小さな町のCafeを目指して来るって言うんだからさ
なんかあるんだね、きっと。

1階がコーヒー豆やスコーン、オリジナルアイテムが買えるショップ。
f0131535_1293012.jpg

階段を上がって2階がcafe。
もともと2階の一部分の小さな店だったのを増築していったらしく、
店内は高低差があって面白い。
想像していた以上に居心地が良いf0131535_12135481.jpg

大きめで粉の香りがリッチなスコーン。
大袈裟ながら、我が人生でBEST1!の美味しさだった。でもテイクアウトして家で食べたけどお店で食べた方が数倍美味しかったな。当り前か・・・
クロテッドクリームとブルーベリージャムたっぷりつけて頂きました。(コーヒー豆と一緒にスコーンも通販で買えるらしい。あっでもNETじゃなくてFAXオーダーだった^^)


夫はピザトーストにビール。ココで運転交代です。
店内は自然光メインで少々暗め。
BGMはクラシック。
静かすぎて緊張するような雰囲気じゃなく、落ち着きます。
店員さんがなんともイイ感じ。
階段上がって左側の増築スペースも一段下がって居心地よさそうだけど
ちょっと暗めな左側スペースが好きだな。
近くに住んでいたら、本を持ってひとりでのんびりコーヒー飲みに行くのがいいよね。
うらやましいな、黒磯市民!




◆1988 café shozo◆
〒325-0045 栃木県那須塩原市高砂町6-6
T/F 0287-63-9833
OPEN 12:00~20:00

THE TASTE(1F)
OPEN 11:00~20:00
定休日/第1金曜日

[PR]
by kinakotoohagi | 2010-03-24 23:03 | 旅行