おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

タグ:cafe ( 9 ) タグの人気記事

春をむかえに十日町


4ヶ月ぶりのご無沙汰です。
こんなに間を開けてしまったのは初めてじゃなかろうか?
みなさまも、お変わりございませんかしら?

昨年末はホントにいろんなことがありすぎて・・・。
書こう書こうと思いつつ、大切に記録しておきたいこともあったりすると
「なう!」なことは、それを書いてからなんて思ってるうちに・・・あわわわわわ。

FacebookがほぼTwitterがわりな、今日この頃。
なので最近のことから書いてみることに。
先々週のこと、十日町まで春らしいミモザのリースを作りに行ってきましたので
リース教室とディープ十日町のこと。

f0131535_18395226.jpg
好きな花トップ3に入るな、ミモザ。

嫁に来るとき、浜松から大事に植木鉢で持ってきた1メートル以上あるミモザの木は
雪国の2月の寒さであっと言う間に枯れてしまい、それ以来恋い焦がれる春の象徴。

ユーカリのきりっと緑と黄色いフワフワに囲まれて
気持ちが華やいだにゃ~。

先生は atelierひと葉さん
f0131535_19112187.jpg
3月は何種類かのフレッシュユーカリのリースとドアスワッグ
4月はピンクペッパーベリーですってさ。

花はいいね、また行きたい♪
(ひと葉の花教室レッスンのご案内はこちら→

***

このあとリボンカフェには寄らず、だってお店お休みだったんですもの。
男前なオーナー(女子)リース教室来てたしさ^^

十日町在住ジロー氏(女子)とのデートの前に
自家焙煎珈琲のミールクラフトさんへ。
f0131535_18470852.jpg
いつも可愛い奥様に試飲のコーヒーを頂きグビグビ。
こんなこと言っちゃーなんだが、ほんとに狭いお店なんだけど
珈琲Loveがあふれてる感じが好きだ。

珈琲2種お買い上げ後、すぐ隣の姉妹店「菓子工房シェ・ヤマザキ」で
当然お菓子も買うよね♪


さて一路、ジロー氏との待ち合わせ「タナカクマキチ」へ。
あのね、Cafeなんですよ、タナカクマキチ。

店の面構えもイケてるんです、12時に行ったのに既にほぼ満席。
女子率髙し、オサレ店なのにキッズスペースもあるのでママ率も高し。
津南ポークと舞茸のどんぶり
オサレ店なのに地産地消でおまけにウマイの。
f0131535_18435672.jpg
2010年のこんな記事があった→「はじめてのお使い@十日町」
写真がなぜか見えないものあり。

以前の記事にも書いたけど
有名な「豪雪ジャム」や「とおかまちてづくり市」を企画しているこの界隈のオサレ若者たち。
田舎であること、モノがないこと、人が少ないこと、雪が多いこと
これらのことは「まちの活性化」には関係ないと言う事だ。


そして〆はいつものスーパー「リオンドール」で
津南産の大豆「さといらず」(超うまいっ!)
髙長味噌の「ががなんばん漬け」
魚沼酒造の「天神囃子」のミニサイズなど買いこみ帰路へ・・・。
f0131535_18443201.jpg
上越から1時間ちょっと。
ジロー氏というマニアックな案内人がいるからということもあるけれど
何かと縁のある十日町界隈。
行けば行くほど魅力的なディープさが好きだ!

それにしてもこの8年間の雪国生活、
ありがたいことに何かと「人に恵まれている」と言う事は間違いない。
f0131535_19042262.jpg


でね、この人は誰でしょう?
って話はまた今度・・・・。
f0131535_19184920.jpg


[十日町:関連記事]

[PR]
by kinakotoohagi | 2015-03-10 19:31 | 旅行

今度は泊まりだ!リゾナーレ:日帰り八ヶ岳3

八ヶ岳、懐かしいシリーズ。

15年前くらいかな?かつて仕事のイベントで何度か訪れた「リゾナーレ小淵沢」
今は星野リゾートの傘下になってんのね~「リゾナーレ八ヶ岳
懐かしーーーーっ!
ここでも私、司会やってたなー。
f0131535_15541254.jpg

そしてやっぱりココも雪~。
昔に比べるとなかなか魅力的なShopがあったけど、まずはランチ、ランチ・・・・
と思った矢先、ちょっとだけと入ったBooks&cafe。
ダメだ、楽しすぎる、ステキすぎる!超ハマった!

f0131535_15550042.jpg
旅・インテリア・手づくり・料理・デザイン・絵本・ステーショナリー等々
ジャンル別に魅力的な「棚ぞろえ」

f0131535_15544474.jpg
お茶しながら見本の本読むこともできる。
地元の本屋さんではなかなか出会えない本や、何と言ってもその見せ方や遊びの部分が秀逸。

こういうお店は夫婦そろって大好きなので、あっという間の一時間。
他のお店見る間もなく、急いでチョイスしたお昼はリゾナーレとしては残念感満載だったが
でもBookS&CAFEでお腹いっぱいの満足。

f0131535_10402702.jpg
さてさてお次は、車中でオリコウに待っていたポン助さんのガス抜きに参りますか!


[PR]
by kinakotoohagi | 2014-03-08 11:20 | 旅行

おいしい戸隠

あっという間の11月でございます。
先週の連休には親戚の法事があり舞鶴へ、その帰りに輪島を周ってきました。
久しぶりに充実した旅、戻ってからもじわじわと噛みしめておりますので、
ニヤニヤと存分に味わい尽くしたら書こうかな。

そして朝から嵐のような本日でしたが、寒くなる前に恒例のりんごの仕入れでございます。
今季すでに3回目って、どんだけりんご好きよ?^^;)
しなのゴールドがさーほんと美味しいんだよー!

信濃町のりんご屋さんの前に、お蕎麦が食べたくてちょっと戸隠まで。
実は新潟県民になって『初戸隠』でございました。
f0131535_20351873.jpg
戸隠奥社前食堂 なおすけの鴨ざるそば。
お蕎麦ももちろん美味しかったけど、鴨の油の浮いた甘くて濃いめのおつゆが好みでした。
かなり濃いめでしたけどね。

超パワースポット戸隠神社、お参りはまたの機会に・・・。

そして山をあがってくる途中に見つけて気になっていたらんぷ屋Cafe
f0131535_20392942.jpg
20年前にこの地に移り住み、開拓しながらだんだんに出来上がっていったお店とのこと。
スイーツだけじゃなくて、自家製のスモークサーモンやベーコンを使った
「かぶりつきサンド」もなかなか本格的な感じだぞ。
f0131535_20394613.jpg
紅玉のアップルパイ。さくさくのクランブルとほのかなシナモンとクリームがほどよい相性。
雨は一向にやむ気配もなくて、薪ストーブの暖かさがしみたわ。

ほんとはもう一件寄りたかったパン屋さん、日曜お休みだったのね。
でもそれを調べるうちに偶然思いがけない情報にたどり着き、しばしコーフン!
本格的な雪になる前に、再訪したい戸隠、黒姫界隈でございました。。。


まだ暖房器具を出していなかった我が家、帰ってさっそく床暖房の試運転。
とーさんが綱引きの練習に行ってる間、
お留守番犬ポン助さんと床でゴロゴロうたた寝なんかしてたら、
ちょっと風邪ひいたかも^^;)
f0131535_20401079.jpg
でも昨日から煮てあった鶏手羽と大根・厚揚げで、
お腹から温まったら復活したみたいだ(ド単純)
大根うまーい!

舞鶴&輪島の美味しい物(主に珍味・つまみ系)が充実している我が家。
寒さも手伝って、とーさんの熱燗率がググッとあがっている、今日この頃です。

『雪好き』の我が家ではありますが、雪が降る前の
雨続きなこの季節があまり好きじゃないと、最近のとーさんの口癖。
でもストーブ・スープ・お風呂・毛布・おでん・お鍋・珈琲・ミルクティーって
寒いからこそ、なんかわくわくする魅惑的な響きじゃございませんこと?
熱燗も美味しくなって、新潟の冬到来って感じの今日この頃のおはきな家でございます。
[PR]
by kinakotoohagi | 2013-11-10 20:46 | 旅行

思い出の江の島:みかんの国日記2012

f0131535_1628231.jpg
高校時代の友人M山宅に用事があり久しぶりに海方面へ。なつかし~!
新潟県が背中に日本海を背負っているのの真逆、静岡県はお腹側が太平洋。
浜松市の中でも比較的海に近い所で育ちましたのよ。

あたくしにもかつてあったてぃーんえーじゃーの時代
ここんちで着替えては海に行ったり、海浜公園でバドミントンしたり
あとは色々あんなことやこんなこと・・・(とても書けない)嗚呼、思い出の遠州灘。
(余談ですが静岡県なのに浜松市には江の島町があって、掛川市には横須賀がある)

新しくできた道路にとまどいながら記憶をたどりM山宅に向かう途中・・・・
見つけた!なんだこの店!が、トップ画像です。
もちろん行くよね、即!
f0131535_17141273.jpg
石窯でパンやピザを焼いているはま~るcafe
4年前にOPENしたらしい。ちょっと浜松市民知ってた?
いいなーM山ってば、歩いて行けるところにこんな店会って!

店内は小さーいの、5,6人掛けの大きなテーブルのみですが
外にテラスもあってお食事できます。
石窯パンは月・水・金の販売。
f0131535_171566.jpg
オーナーの中村達也さんはナオト・インティライミ似の海の近くに生息するサーファー
昔は移動バスでいろんなイベントに出展していたんですってさ。
石窯も独学の手づくり、コンテナを改造した店舗や外のテラスとか
できることはコツコツ自分の手で作っただけあって、独自のいい味かもし出してます。

外にはトロピカルな葉っぱの屋根のテラスや
近所のおぢちゃんたちが集まる可愛いビニールハウス、スモーク用のドラム缶とか
いや~とにかくワクワクするよ。
外のテラスでコーヒー飲みながらノンビリ読書したい。
今度は夏に行きたい、きっと夏が似合う。

時間がなかったのでコーヒーだけだったけど、いろんな話できて
ものすごい楽しい、偶然の出会いだったなー。
次回必ずまた行きたい。

上越に来てから、時々浜松に帰ると思う事。
昔は浜松ってなんにもないなーと、せっせと東京や神奈川に通ってたけど
今浜松に帰ると物が溢れてて、ちょっとアップアップしちゃうから不思議だ。
環境が変わると必要なくなるモノ、変わってもやっぱ欲しいモノ。
相変わらず身近にあって欲しい物は、
雰囲気のいいcafe・アジのあるパン屋・気の利いた本屋・変わり者のコーヒー豆屋
これやっぱ必須でしょ。

浜松市民、はま~るまだ行ってなかったら行ってみてレポートしてね。
シルバーのエアストリームが目印。
中田島入口(1号線)の交差点から1ケ東の信号(酒のガリバー)を江の島高校方面へ。
海浜公園を過ぎて右側。ちょと奥まってます。


■はま~る石窯カフェ
住所:浜松市南区中田島1161
営業時間:11:00~Sunset (石窯パンは月・水・金販売)
定休日:木曜
TEL:053-441-4534

[PR]
by kinakotoohagi | 2012-03-07 17:56 | 旅行

仕事中にうつわ熱にうなされる

うっかりすると一週間があっという間に過ぎる今日この頃。
今日が既に9月12日でビックリです。
おまけにあと2日で自分45歳だと気付き、さらにビックリ!?

さてそんな先週の出来事です。
仕事のチラシを店頭に設置してもらうお店を周る。
なかなか皆さんお忙しいので、タイミングよくお会いできないのが
今回は久しぶりのお顔にコトゴトク会えて、ヒャーなんか楽しい♪
おまけに偶然このブログをご覧いただいているスタッフの方やお客様に会ったり、
ヒャー恥ずかしい^^(すんません、こんなヤツでした)

ほいでもって久しぶりのgo's cafe
2FがCafeで1Fはお洋服のはずなのに、徐々に増えていく作家物の器コーナー。

あーーーっ!なんかまた増えてるーーー!と思ったら・・・・
f0131535_1631949.jpg
ギャーッ!?川口武亮さんの器がある!(昨年のクラフトフェア松本記事→コチラ
f0131535_16312631.jpg
新潟県内で扱ってるのはgo's cafeだけらしい。
8月の終わりに入ったばかりで『連絡しようかと思ってたんだー』とY澤さん。
もー、今度入荷したらすぐ連絡くださいねー!
って、私がもっと頻繁に行けって話なんですが^^;)
f0131535_16314339.jpg
最近は少しづつ器のスペースが洋服を侵食していってる感が否めないgo's cafe。
galleryになる日も近いんじゃなかろうか・・・・むふ♪

はー楽しかった!
けど、実はこの日この後、もっと極上なお楽しみが待っていた・・・・。
続きはまた今度・・・・いつかって?・・・・それは言えない・・・・。



私信:Y澤さま
やっぱり気になっていたのは角掛政志さんドンピシャでした!
ガラスの作家は女性で佐藤さんとしかわからず・・・・。
くるみ庵で時々出てきますよ、見てほしい^^
余宮さんのブログ見ては、また悶絶。
近々、ホントに近々また出没いたします♪
[PR]
by kinakotoohagi | 2011-09-12 17:50 | たわいもない日常

週末ららら♪

f0131535_22195170.jpg
この時期には珍しい気持の良いお天気続きです。
土曜の朝もはよからシーツ引っぺがし、あれもこれもお洗濯、
お風呂掃除してその他諸々午前中はミッチリ家事三昧で、くるくるよく動きました。

午後は映画「ヒア アフター」
f0131535_2147517.jpg
冒頭の津波に飲み込まれるシーンで圧倒された。
CGなのはわかっていても、逃げても逃げてものみ込まれる自然の暴力的な恐ろしさに
一瞬NZの災害が思い出され、心臓がやけにバクバクしたな。

ラストがあっけなかったけれど、好きな映画だった。
「ヒアアフター」映画の中では「来世」と訳されていたけれど、
ストーリー的には死んだあとの世界のことだよね。
科学では今のところ証明不可能な
「死んだ後、人は、魂はどうなるのか?どこへ行くのか?」というテーマと、
誰にでも起こりうる、「大切な人を失った人がどう癒され、前向きに生きていくか」ということ。

大切な人を失ったら自分はどうなるかな?
自分に訪れる死よりも、
大切な人に訪れる死を想像した時の方が恐怖は大きいと感じている。
見終わった後にゆっくりじわーっときたですよ。

そんな訳でじわーっと来た後は、やっぱ甘いものでしょ!(なんでや)
f0131535_18164923.jpg
パティスリーAU RALENTI❤
昨年の秋頃店内にCaféスペースができた、ワーイ♪
f0131535_18171689.jpg
f0131535_1817392.jpg
f0131535_18181760.jpg
正統派甘くて繊細なケーキ、焼き菓子にチョコレート、魅惑の世界だわ~。
冒頭写真の麗しいチョコレート達、
私は手前のナッツ穣のボディーと、スカイブルーのお洋服の色合わせの妙にやられたよ。

男子諸君よ、本命のホワイトデーにはこんなのいかが?
絶対落ちるだろ?
少なくとも私は落ちるよ!!!(誰とは言わない、後ろの机でパソコンやってる人へ)
[PR]
by kinakotoohagi | 2011-02-27 18:19 | shop

はじめてのお使い@十日町

いえ、別にホントにお使いに行ったわけじゃないですけどね、
今まで何度か訪れている十日町。
いつも人の運転や、途中から十日町在住ジロー氏に迎えに来てもらうパターンなので
先日、初めてひとりで行ってみた。
家からジャスト1時間、意外に近いね!
でもひたすら山越え&トンネル、雪のシーズンは絶対行かないよ♪

f0131535_12565713.jpg
ちょうど紅葉も見頃。

「◎月◎日クマ目撃情報」とか言う看板を見つけ、クマちゃんいつ出てきてもOKよ!と、カメラを手元に用意した^^

無事到着し、ジロー氏@女子と合流。f0131535_12572197.jpg

まずは、ずっと行きたかったタナカクマキチ。
cafeである^^

「タナカクマキチ。」ってネーミングにはユニークな由来があるらしいのですが、詳しくないので割愛^^;)でもこのクマキチCafé以外にも同じ建物内に入っている何軒かのお店のオーナー達が「とおかまちてづくり市」や雪まつりの時の豪雪ジャムを企画・主宰している一味らしい。
f0131535_12574342.jpg昔は旅館だったという建物の外観。
この中にCaféや洋服屋さんがあるとはとーてー思えん^^;)でも中に入ると木の階段や手すりとか、妙に味があるのだ。

f0131535_1258231.jpg


階段上がったインフォメーションコーナー。元乳母車?
f0131535_12585520.jpg店内は高低差があったり、子供のお遊びコーナー、窓際のまったりスペースとか色々でゴチャッと感が逆に落ち着く。外から見るよりも意外に広い。メニューも豊富で迷いに迷って、せっかくだから津南ポークと舞茸のどんぶり。
f0131535_12591215.jpg
ジロー氏のiPad、カッチョエー!仕事関連のご相談とか。でも脱線ばっかり。ジロー氏と会ったらこのネタ話すぞ!と言うことが多くてさ。時間が足らん^^;)

1階にOMAKEという変わったネーミングの洋服屋さんが入ってる。
ご夫婦でやっていて長岡にもお店がある。
そしてナント、美人の奥様は私と同じ元浜松市民なのであーる!
私に言われたくないと思うけど、いやーなかなかチャレンジャーだね。
上越なんて問題にならない位スゴイもん、十日町の雪。

残念ながら今日は会えなかったけど、
優しくてハンサムな旦那くんに、色々馴れ初めとか聞いちゃったもんね^^。
今度はゆっくり「あのお話」を♪

HP見ればわかると思うけど、タナカクマキチ。もOMAKEも独特の雰囲気。
小奇麗でスタイリッシュな物がお好みの人には向いてないかもしれません^^;)
(誤解のないように、とってつけの流行りじゃないっつー意味ですよ)

でも、Caféの料理も地元食材の清津峡舞茸、津南ポーク、高長味噌
豪雪ジャムは「十日町といえば雪!雪を最大に活用して何かできないか!?」 と、
彼らが立ち上がり、3年前に野外フェスティバルをはじめたそうな。
とおかまちてづくり市も同じく。

「自分たちが育った町にある物」を大切にして、
それを楽しむにはどうしたら良いかに頭を使い、
知恵を出し合い、実行に移し、更にそれを続ける。
尊敬するよ、ホントに。
お金儲けや、とってつけの流行りじゃない骨太なセンスにやられますた。

さてお腹も一杯、口だけは良く動かしたので、次は自家焙煎珈琲のミールクラフトさんへ。
どこかに出かけた時、寄るのは大抵、
カフェ・パン屋・コーヒー豆屋・文房具屋・雑貨屋が主な私です。
f0131535_12595072.jpgホンットに小さなお店だけど和ませてくれるお店です。

試飲させてもらったコスタリカ。いつまでも香りが鼻の奥から離れず。自分で同じように淹れられたらな~(遠い目)
ジロー氏が頼んであった、超スタイリッシュなコーヒーミルを受け取っていた。
ビックリだ!
少し前までは、家ではもっぱらネスカフェだったというジロー氏。
今じゃKONOのドリッパーで淹れてるらしい。
ミールクラフトとの出会いがなかったら起こらなかったミラクル。
コーヒーだけじゃない、何か魅力があったのだね~きっと。

で、最後は地元スーパー「リオンドール」で夫へのお土産。
f0131535_2244954.jpg
まずは十日町に来たら高長味噌のホッポロ漬け!
大根・なす・きゅうり・から芋・みょうが・しその実を刻んで味噌に漬けてあるもの。
おにぎりにも、生野菜につけてもおいしいそうな。
今回初挑戦の「にんにくごまみそ」和え物にしても、タレにも使えそう。
f0131535_2252912.jpg
この季節にかかせないキノコ類とジロー氏お薦めの「大力納豆
キャッチフレーズが「水の違いが美味差(うまさ)です!」なるほどね。
大力納豆板詰専務のブログによると、近々上越でも販売するお店ができるようだ。
スーパー吉池あたりじゃなかろうかね~?

我が夫はこの上越という土地や雪が好きだ。
十日町や谷根(たんね)、どの町もそこに暮らす、その町を好きな人に案内してもらうと
とても魅力的な場所になるから不思議。

探せばどこにだって、そこにしかない大切な物があって
その土地のイイものを残したい、知って欲しいと言う人が増えると
素敵なセンスが生まれてくるんだな~と、最近いろんな人に気付かされるにょろ。

都会に行けばどこにでもあるもの、どこも同じ物も時々はいいけどね。
スタバとか、あれば絶対行くしさ^^;)
あっでもね、物だけじゃないんだ、そこに魅力的な人がくっついてるから
また行きたい、買いたいって思うんだね。

十日町、まだまだ色々ありそうで、お勧めです♪
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-11-17 23:18 | たわいもない日常

新しいお店と新しいBag

★本日2本目のUP★

週末の金曜日、スミレ屋ゆりちゃんとデート。f0131535_21212026.jpg

蓮の花が見頃の高田公園から歩いて行ける所に、7月23日にOPENしたばかりの「レストランKanoa

KanoaとはHawaii語で「自由」という意味らしい。
白いタイルに囲まれた外の可愛らしい看板、よーく見るとちっこいカメが隠れてるの。行った方は探してみてね^^

奥様のご実家が八百屋さんで、野菜を使ったデザートとか、結構他ではお目にかからない物とかもあるんだって。

真鱈のエスカベッシュ
f0131535_21213814.jpg
住宅街のど真ん中。
おひとり様から年配ご夫婦やファミリーまで、結構幅広い世代が次々と。
歩いて行ける所にこんな店があっていいな→ご近所の人。
我が家、歩いて行ける範囲に唯一一軒だけある店舗は「ラーメンスナックあ○き」だもん^^;)

ゆりちゃんの知り合いのご夫婦なので遅くまでお邪魔しちゃって、
お店のOPENまでやいろんなお話を聞く。
大変なこともたくさんあるでしょうけれど、夢があっていいよね。
なんだかホンワリした気分になったよ。


で本日の目的は、愛しのゆりちゃんとの激烈トークも去ることながら
楽しみにしていたのは、オーダーしてあった夫のお弁当バッグ。


f0131535_146498.jpg

超気に行った!

持ち手とワンポイントが革。
本体はニットのボーダー。
取っ手とフチ部分は帆布。
中は万が一のツユ漏れに備え、ビニールコーティング。



お弁当バッグじゃなくて私が使いたいくらいだけどさ、これにお弁当入れて会社に行くおぢさん、可愛いべ♪


f0131535_14123739.jpg

そもそも・・・・、ランチジャーの横のポケットに無理やり入れたタンブラー。


バランスが悪いのも去ることながら、この黒いカバーのランチジャーがさ、おとっつぁんくさいったらありゃしないのよ!(本物のおとっつぁんが持っているだけに余計ね~)
f0131535_1120944.jpg


内ポケットのベージュとブルーのワンポイントがさー
気がきいてると思いません?

これステキ~と思ったらね、実は作ってる最中に私が内ポケットのサイズ変更の依頼をしたもんだから
苦肉の策で上を足すために入れたラインなんだと。

ひょうたんからこま!

いつも憂鬱な、月曜日のお弁当づくりが楽しみになったわい♪
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-08-01 14:46 | たわいもない日常

春の谷根

f0131535_2114357.jpg



弥彦神社、伝説のありがたいお菓子「玉兎
整列っぷりが、揃え好き・並べ好きにはたまりません。
(A氏へ 餡入りなんてのもあるのだね)

ジロー氏(女子)とTanneで待ち合わせ。
お天気もよく、のんびり色々しゃべりまくる。
ホントはお互いの旅行話をするつもりだったのにね、忘れてた。
でもいいんだ、アレコレ楽しかったからさ^^

Tanneのある柏崎市谷根って、山に囲まれたのどかで
おとぎ話に出てきそうな雰囲気のかわいい集落。
昨日初めて近所をお散歩した。

私の住んでいるところはほどよく田舎だと思っていたが、とんでもなかった。
正しい田舎とはこういうところを言うのだな。
山に囲まれた谷根の春は、米山の雪解け水の流れる川と
春の匂いのする野山がのどかで心地よいのー。
「うちなんてもっと山の中」と言うジロー氏。
なんだろね、やっぱ普通に木や花、季節の事をよく知っていて
ちょっとすごいなーと尊敬。
生命力があるという感じ。
そりゃ、冬はうちの数倍雪が積もる所に住んでいるのだからね、
かないません。

散歩の目的は、Tanneご近所在住のメリーさん。f0131535_2134126.jpg



美人なんだよ、ホントはね。。。。。





f0131535_2135254.jpg



でもキャベツを見るとね、人が変わる(ヤギが変わる?)んだ。。。。。。。

Tanneに行ったらお散歩お勧めです。
[PR]
by kinakotoohagi | 2010-04-10 21:44 | shop