おはぎときなこ

kinakotooh.exblog.jp

オリーブの首飾り

f0131535_13582971.jpg
木の病にかかっていた頃。
まだ「バンドソー」なんて飛び道具も持っていなかったので、板から
ナイフオンリーで削りだすという無茶なことをしていた、楽しいおもひで^^

今日は冷えますな。電気毛布出さなきゃなのだ。
冬用のあったかシーツにしていても、ベッドに入って暖まるまでの、あの時間が嫌いです。
寝る前にイソイソ温めておき、気持ちよさに「うひょ~♪」と小声で雄叫ぶ、around40です。

日曜日、強風の中庭木の剪定をしました(夫が)
暖かい浜松から持ってきたオリーブの木。
一年目の冬はいきなり雪の洗礼はかわいそうと、駐車場内で冬を越しました。
でも二年目は・・・

f0131535_13381079.jpg
ライオンの母がわが子を谷底に突き落とすが如く・・・・・・・ガッシガシ刈り込まれ、このようなお姿で越冬!?

生まれ故郷は遠く地中海沿岸の温暖な気候だったはずが、冬囲いでぐ~るぐる!?
園芸の本にはさー「寒さには強いのですが、冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。」と書かれてますよ~。おまけに「雨が少なく、温暖で乾燥されている場所が好ましいとされています」って、雪に埋もれて湿度最強!?
f0131535_14115273.jpg
なのに、なのに、威勢良く剪定したのが功を奏したのか?意外に居心地が良かったのか?
今年の夏、なぜかおそろしく巨大化してしまった^^;)浜松にいた頃の軽く1.5倍以上。

園芸の仕事に 「カット・アンド・カムアゲイン」 という言葉がある。葉っぱや枝は切ってやらねばならないときがある。そうすれば、そのぶん植物は再び勢いを得て大きく育つ。いったん摘み取ることは、次の芽を育てることにつながるということ。

そうか、やっぱり若い芽はつんでおかなきゃだな(違います)

f0131535_1423440.jpg
夏の間旺盛に伸ばした枝も、3回目の冬に備え今年もスッキリ整えられました。落とされた枝がなんだか不憫でね^^;)リースを作ってみた。南天の実をつければなんとなくクリスマスバージョン。

さて明日まで持ち越し予定だった仕事、今日中に終わらせるぞ!
[PR]
by kinakotoohagi | 2009-11-17 13:38 | 植物